スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G-XTH コードハザード日記。34

その34。
だいぶ間空いちゃったけど『夏休みの課題』の続きです。

さてレベル上げの結果ゆうしゃレベル12に。
AC高めなので首切りが怖いけど、一応実用可能なレベルなので最前線に戻す。
ついでだからイージスの使い勝手も試したい。
しかし、今ある片手武器はロクなのがないので、盾を持たせるか両手武器を持たせるか悩むな。
G-XTHでは盾2枚持ちはできないのね。盾二枚持てれば安心の防御性能なんだが。
あとジークフリートは地味にヒールコードが使えるのもありがたいな。

では探索の続きを。
バベルスフィアS3エリアはディスペルゾーンと深瀬が交互に続く。イヤガラセにもほどがある。

(2,10)に制御装置があり、←側の扉が開く。
これでこのフロア入り口のポータルから現地点までショートカット可能に。まあコールポータルを使うから意味ないけどな。

戦闘になったのでイージスを試してみる。
イージスはAC-10。NINJA並の回避率だ。これはいいね。
でもさすがに全体攻撃に対しては無力か…。

(17,12)→に隠し扉。中にはアイテムが。
(2,18)←にも隠し扉。ここもアイテムだけ。

(10,19)↑の扉からセクターC3へと進めそうだ。だがよりによってキーツールΒを要求してきやがる。
Βは他の任務で使うから使いたくないんだけどなあ…。
他に進めそうな場所はないので、一度学園に戻る。

とりあえずバベルスフィアS3のマップを。
あと前回バベルスフィアS2のマップを張り忘れたのでついでにここで張る。

CH34-01

別ルートを探すため、探索を中断していたN2へ行く。
フロアメトライズを駆使してマップを見た結果、(11,12)↑に隠し扉があることが判明。
これでやっとN2エリアも先に進める。

(10,19)の制御盤で←にある扉が開き、ポータルからここまでショートカット可能になるけどコールポータルで飛んで来られるから意味がないのはさっきと同じ。

それにしても、ここに出てくるドータは常に友好的なので、性格調整に使えるNE。

(18,3)↓の扉をバベルキーαで開く。
その先のポータルでN3へ。

N3に進入後、海斗くんから通信。
このフロアは通常の方法では進めない場所があるとか。
そこで、
CH34-02
コールポータルは、通常では行ったことのある座標にしか進めない。
が、戦闘中に使えば同一エリア内の場所にランダムで移動するため、行ったことのない座標にも進入できるってわけだ。
これはwizXTHにもあったな。
もちろんワープに失敗すれば石の中なわけだが。

ご親切に、ポータルからちょっと歩いたところに固定敵がいるので、こいつと接触してコールポータルを使ってくださいってことだな。
とりあえず(14,18)にワープしたので、ここから探索開始。
一度マップ埋めればコールポータルでいつでも来られるから便利。

…だが右側の縦の数列が埋まっただけで進展なし。
これ以上進むためにはまたワープしないと。
このエリアは正方形の部屋が規則的に並んで構成されているようだが、
部屋と部屋とが一方通行で繋がってたり隔壁で分断されてたりするので、ワープ先によってはどうしても進めない場所が出てくる。
このフロアを全部埋めるのは運が必要になってくるな。
とにかく制御盤を探すか。

コールポータル分のMPを全部使い切ってしまったので学園に戻る。
ところでフィットパスINなんての手に入れたけどどう使うのこれ。

ゆうしゃがLv15でマスター。
次はアヤネを昇龍にしよう。
ちょちょいとLvあげて、Lv10で実践配備。
そういえばここでようやく全員分の浮遊装備をそろえ終わった。これでエンフロートいらず。やったね。

あとバベルスフィアの敵が強えから、未知体対策をした方がいいな。
武器と防具にいくつか未知体耐性を付与してやる。

再度N3エリアへ。
何度目かのワープでようやく進展があった。(12,17)に制御盤がある部屋の出る。
だがこれで隔壁全解除とはいかず、近くにあった制御扉だけが開く。結局先には進めないや。

(8,11)にも制御盤があるが、ここも近くの制御扉が開くだけで、やっぱり先には進めない。

ワープを繰り返してようやく分かったこと。
結局先に進むには、一番左上にあるだろう部屋にワープで辿り着かないといけないわけだ。
その確率は概算で恐らく7~8%程度。移動可能エリアと、マップから予想される左上部屋の大きさ的に考えて。
まあレアアイテム拾うよりは楽だし、何度か繰り返せば行けるだろうけど面倒くせえな。

うろちょろしてるうちにアヤネが昇龍をマスターしたよ。
昇龍はなんか今一だな。首切りはあるけどここぞというときの火力に欠けるっつーか。

その後もひたすらワープ。で、運良く左上の部屋にワープ成功。
(2,17)の制御盤で左上の制御扉が開き、これでようやく先に進めるようになったわけだ。
(4,15)の制御扉は右下の扉が開く。もはやあまり意味がない。

とりあえず、さっき開いた制御扉から先に進むと、今までいた部屋で構成されるエリアの外周をぐるっと回って(9,0)↓に扉を発見。
ああ、ここもバベルキーΒが必要なのね…。
仕方ない。一度学園に戻って取ってこよう。

バベルスフィアN2とN3のマップ。
CH34-03

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

G-XTH コードハザード日記。33

その33。
ところで忍者は素っ裸と相場は決まっているが、このゲームLv15までしか上がらないから、多分ACもそこまで下がるわけじゃないと思うんだよね。
今も一応何かしらフル装備させた方がAC低くなるし。

レベル上げの結果ショウマはLv9、ナナエドはLv10に。
こんくらい上がれば実戦に耐えうるだろうし、そろそろ新しい任務を受けよう。
そしてレベル上げをしている間にバベルキーΒが7個になった。あとα30個分だ。

というわけで次の任務はこれ。『夏休みの課題』☆9個。
・各隊員、ブラッドコードをレベルキャップまで成長させること。
・シズラーに対してさらに協力を仰ぐこと。
という課題を押し付けられた。そんなことよりみんな勉強した方がいいんじゃないすかね。

まあ今回の任務は、早い話がシズラーポイントで連中と接触しようってことだな。

早速バベルスフィアのシズラーポイントでコンタクトを取る。
すると「協力することはやぶさかではないが、力を試させてほしい」ということで、
バベルスフィアセクターC3にいるゲートキーパーを倒して来い、と言われる。

今いるところはC1エリア。
バベルスフィアを先に進むには、バベルキーαが必要になる。しかし今キリよく全部Βにしちゃったからαが手元にないっていうね。
せっかく作ったΒを崩すのも何か嫌だし、α出るまでどこかで戦わないとなあ。
試しに行く手を塞ぐ扉にサイクラックを使ってみたが、効果はなかった。
やっぱりバベルキーが必要なんだな。

しばらく戦ってもなかなかαが出ない。
仕方ない、ここは先行投資ってことでバベルキーΒを崩してαに変えてしまおう。

これでようやく先に進める。
C1エリア(9,0)の扉をバベルキーαで開け、南へ。
するとバベルスフィアS1へ出る。
…この扉、入りなおすたびにキーツールを要求するとかふざけてんの。
なるべく一気に踏破したいね。

このS1エリアは定期的にディスペル+回転床があるので常駐魔法は意味がない。
ショックに気をつけよう。

幾つか発見したもの。
(1,17)から(1,1)へワープする。
(18,0)から(19,18)へワープ。
(18,18)↑の扉をバベルキーαで開け、(18,19)から(10,0)へワープ。
(9,1)の制御盤を作動させ(10,2)↓の扉が開く。
(10,1)はテレポータル。バベルスフィアS2へ移動できる。

探索中にバベルキーΒを拾った。さっき崩した分を取り戻してお釣りが来る。やったね。
やっぱりバベルスフィア内のレベル高いエリアの方がバベルキーの入手率が高かったりするのだろうか。
C1で頑張る必要なかったな。

バベルスフィアS1のマップ。
CH33-01

そういえば、コールポータルが使えるから、一度学園に帰還しても、またS1に戻るのに鍵を消費する必要はないのか。
つーかコールポータルって階が違ってもワープできるのね。初めて知ったよ今更だけど。

一度学園に戻って休息して、S2へと進む。
当然敵も強くなってくる。

S2(15,18)に制御装置があり、作動させると、画面のちょい奥で扉が開くのは確認できた。
開いたのは恐らく(14,18)↓の扉。だが、そこへたどり着くルートが見つからない。
仕方がないので一度戻って別のルートを探してみよう。

というわけでC1まで戻り、今度は北側にある扉をバベルキーαで開けてN1エリアへと進む。

N1は、マップ下側半分は横一列のダークゾーンの中から北へ続く道を探しつつ、を繰り返すパターン。
マップ上側半分は入り組んだダークゾーン。
しかし、こうダークゾーンが続くと俺は今いったい何のゲームをやっているんだって気になりますな。
画面真っ暗な中、進んでるのかどうかも分からずキーを押す作業が始まるお…。

頑張ってダークゾーンを抜けて、(10,19)←の扉をバベルキーαで開けるとポータルでN2へ。
バベルスフィアN1のマップ。
CH33-02

N2は特に複雑なマップでもないんだが、ここでも道が見つからず行き詰ってしまった。
仕方なく学園に戻る。
おかしいなあ、どこかに見落としがあるのかなあ。

ショウマがLv13になったのでシャドークロスとシャドーズボンを与える。
それからシャドーガードを装備させて忍者フル装備。
CH33-03
かこいい。

行く場所がなくなってしまったが、とりあえず再度S2へ。道を探す。
そしたら、なんてことはなかった。(7,9)↑に隠し扉があるじゃないか。見落としていただけか。
しかし何だろうねこのハザードエリアってのは。敵の出現率が上がるよってこと?

(2,10)の制御装置で(1,10)↓の制御扉が開く。
そして(1,10)にはポータルが。ここからS3へと進める。

ここでまた学園へ戻る。
みんなLv15になったので、エドとナナを以前のBCドミニオンとアマテラスに戻す。
そして、ゆうしゃを元々の目的であるジークフリートに転職させる。
今までずっとウシワカだったけど、本当はジークフリートにしたかったんだよね、ものすごい今更だけど。
最前列のキャラが転職してしまったので、しばらくはまたレベル上げ。

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

G-XTH コードハザード日記。32

その32。
とりあえずレベル上げをする。
ショウマとリコ以外はLv15に到達。このゲームではこれ以上レベルを上げることはできない。
全員がLv15になったら一人ずつくらい転職させてみたいね。

レベル上げついでに次の任務でも。
『隊員便覧講習会』。☆8つ。
XTHの基礎を学ぶ、にしては星の数多いし今更感もあるんだが。なんかイヤな予感がする。

アリスから説明を受ける。

やはり講習会というのは表向きで、局長に内緒に進めたい任務があるらしい。
その任務の内容は、CPOのデータベースにハッキングすること。
理由は、端的に言えば自分達の力の真実を知りたい、というもの。
この力については断片的に説明を受けていたが、その歴史や背景は最高機密とされている。それを知りたいというのだ。

で、ハッキングするのにバベルキーγが必要らしいので、そいつを調達してこいという話。
バベルキーγはバベルキーΒの上位アイテム。なので、バベルキーΒを10個合成すれば作れる。
アリスからはバベルキーΒを3つ受け取る。どうにかしてあと7つ集めろってとこか。

まず配備を頼ってみる。
バベルキーΒを1個買える。
バベルキーαは21個買ったところで打ち止め。
バベルキーαを10個合成するとバベルキーΒが1個作れる。
というわけで、これでバベルキーΒが6個になった。あと4つ。

残りの4つは地道に戦って集めるしかないか。
そういえばバベルスフィアにいるマアサに何かするとバベルキーもらえるらしいけど、今はまだノータッチにしておきたい。

とりあえずバベルスフィアで少しの間戦ってみたがバベルキーを落とす気配がまるでないので諦める。
考えてみれば、今手持ちがα7個にΒ6個。
ベータ6個は今回新たに調達したものだし、αのうち1個は以前海斗からもらったもの。
つまり今のプレイ時間43時間かけても、バベルキーαを6個しか拾っていないことになる。
これは…かなり絶望的なのでは…。
まあレベルの高いダンジョンの方がバベルキーの入手確率高いだろう、という淡い期待を抱きつつ、先に違う任務こなすかね。

その前に、愛国サティアン地下3の固定敵相手にレベル上げだけして全員のLvを15にする。
なので転職させてみた。
ひとまずエドとナナの役割を交代。エドをツクヨミ、ナナをエンジェルに。
そしたらHPは引き継がずに初期化されるのな。HP一桁では最前線で戦うわけにはいかないな。
つか僧侶系はエンフロートが使えないんだな。
魔法ランクがCだとレベル毎に2個しか魔法が使えない。ヒールコード、サイコードともにランクBのツクヨミ・アマテラスが魔法役には適任なのかな。

このままダンジョン突入は無謀すぎるので、ちょっとレベルあげなきゃ。
転職は一人ずつじゃないと戦力大幅ダウンで危険だなあ。
ただ、Lv15のキャラがPTにいると、戦闘でLv15のキャラが得られる分の経験値がLv15未満のキャラに回ってくるので、レベル上げは楽になるな。
具体的に言うと、今みたいにLv15のキャラ4人でLv1のキャラが2人の場合は、Lv1のキャラが通常の3倍の経験値を取得できるわけだよ。

レベル上げをしつつ、ショウマをフウマに転職させたいので性格をちょいちょい悪に傾ける。
そのためにバベルスフィア内の固定敵4匹と戦ってた。なんか体感的に様子見てくる敵の頻度が多い気がしないでもないから。
考えてみればこの前の日輪アビスにいた友好的な敵を相手にすればよかったんだろうけど、あそこだと敵が強くて転職したての二人が死にそうだからな。
全体魔法食らえばほぼ即死だし。

様子を見てくる敵に一回ずつ戦いを挑んでは診療相談を繰り返し、やっと性格が悪に染まった。これでフウマに転職できる。
そして転職したらすぐ中立に戻さないと何かとめんどいので、フウマに転職後もひたすら固定敵と接触し続け、様子を見てくる敵の出現を待つ。

PT内で3人転職してしまったので、戦力的には大幅にダウン。
なのでしばらくはレベル上げ。
次の任務に行くのはLv10くらいになってからだな。

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

G-XTH コードハザード日記。31

その31。
『WIZ機関捜査任務』続き。
Xウィザーが強かったのと、その前の雑魚戦も結構もうざいので何か考えてみる。

で考えてみた結果、方針としては、
総員特攻1→連戦に備えて隊技種をMAGICに変更しとく→残りの雑魚をアトミックワークで蹴散らす
という力技に落ち着く。
MAGICにするのは、Xウィザーの攻撃力がやべえのでマジックシェルで緩和したいから。

ただ、この方針も成功率がなんか低いんだよな。
ナナとショウマがやたら狙われてる気がする。ほぼ毎回どっちかが死ぬ。生きろ…。
あと敵もアトミックワーク使ってきやがるの。これ使われると1撃で100以上持っていかれてパーティー総崩れになりがちだからやばい。
Xウィザーにたどり着くまでもなかなか安定しない。

そんなこんなで雑魚戦を切り抜け、何とかXウィザー戦へ。
マジックシェルで攻撃を緩和しながら戦う。が、躁鬱状態は防ぎようがない。
リコは戦闘じゃお荷物だからどうでもいいとして、エドが躁鬱になるのは痛い。アンチメランコリを持たせるの忘れてたし。
こうなると回復のしようがなくなる。殺られる前に殺るしかない。

その結果、
CH31-01
こんな状態だけど何とか勝利。
ゆうしゃのラッシュが全部回避されたときはもうダメかと思ったけど、トドメはナナのアクアワークだった。
ワーク系は50くらい安定してダメージを与えられた。積み重ねが大事だNE!

戦闘後、WIZ機関に入らないか、とXウィザーが勧誘してくる。局長のフラグどおりだ。
そんなXウィザーの正体はというと…
CH31-02
なん・・・だと・・・?

空斗は前副隊長だそうだ。ということは引田とは親しかったはず。あいつ何か知らないかな。後で会いに行こう。
とりあえず任務完了で900GPゲット。

ところで今更なんだけど、このゲームは死んでも年齢増えないのね。年齢上げたくないからって必死こいてリセットする必要なかったなあ。

アイテムの識別をする。
セラフィレッグの+1が出てきたのでリコに与える。
あとランダーズヘルム。これは男のみ装備可能。
CH31-03
ごっついな。

日輪アビスに戻って、エリアDの探索の続きをする。
(10,12)↑の扉はハックキーΒで開く。
中には赤い敵が見えるぞ。

あと、この辺に出てくるこいつ↓
CH31-04
こいつ常に友好的だから性格の調整に使えそうだね。様子を見てると必ず逃げるっぽい。

(10,15)の赤い敵と接触してみる。
すると謎のメッセージの後に金教授が復活!
再戦ですよ。
CH31-05
ここでも総員特攻が大活躍。何度かリセットして勝利。

捨て台詞を残して消えていく金。
CH31-06
ナンドデモォ!

戦闘後は強制的に市街マップに戻される。
学園に戻って死者を復活させて休息してゆうしゃとアヤネがLv15、ショウマがLv14に。

ちなみに先程の場所に戻るとまた金と戦える。ナンドデモォ!
ただ、この部屋にはワープで入れないので、毎回ハックキーΒを消費しないといけない。

日輪アビスのエリアD,Eのマップ。
CH31-07

識別。
ゴッドリング+2。なんかすごそうだけど装備できるやつがいない。
ナイトソード。久々の片手武器。2本あれば二刀流させられて強いんだけどこれだけではな。倉庫へ。
エンジェリーク。えろい。男は装備できない。ニップルシールドやアバタールアテネよりは弱いので倉庫行き。
なんだけど、セラフィレッグとセットになる装備っぽいので、せっかくなので併せてみる。
CH31-08
どこの風俗ですか。けしからん実にけしからん。

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

G-XTH コードハザード日記。30

その30。
前回一応ラスボスは倒したわけだがまた続きます。

ゴールデンロック戦で年老いてしまったゆうしゃの年齢を、リコのPSI魔法チューンユースを使って若返らせてみた。
wizXTHの年齢下げる魔法は使うと消えてしまうんだが、G-XTHの場合は使用者のレベルが1下がるようだ。
Lvが13から12になると、今のサイコバイザーが装備できなくなっちゃうんだよな。
今は使うべきではないと判断。ゆうしゃにはもうしばらく17歳のまま過ごしてもらおう。リセットする。

開発ラボに立ち寄ってみると、局長から「配備の在庫を補充した」と伝えられたので、早速覗いてみる。
新たな装備品とかはないけど、マテリアルが補充されてた。こいつはいいな。

いろんなとこでコンタクトを取ってみる。クリア後なので皆の台詞がいろいろ変わってる。
その後愛国サティアン地下に赴き、念層のマップ埋めをする。

念層北(10,7)に階段のシンボルがあるが、崩落していて使えない。
他に変わったものはないようだ。

学園に戻って識別。
ニップルシールドなんて拾った。シールドってくらいだから盾だと思ったらウェアだった。
モーセとヨシュア専用の装備。どんなのかというと…
CH30-01
…馬鹿だろwwwなあ馬鹿だろwww

この探索でリコのレベルが上がったことだし、今度こそチューンユースを使ってゆうしゃの年齢を戻す。
それから、ぼちぼちカオスになってきたデータバンクの整理をする。被りすぎてる装備品は分解して素材にしたり納品したりする。
軽く整理できた。
データバンクには1000個のアイテムが保存できるけど、油断するとあっという間に埋まってしまいそうだな。

ここまでやって、新たな任務を受領。
神楽川閉鎖区に現れたXウィザーの様子を見に行く「WIZ機関捜査任務」。☆10個。
なんてことだラスボス戦より多いじゃねえか。

とりあえず神楽川閉鎖区へ。北側から進入してみる。
すると不破刑事から通信が入り、「XPDの一人が異形に連れ去られた」と教えられる。
そこにXウィザー本人から割り込み通信が入る。
「人質を助けたければ1隊だけで会いに来い」という条件を出される。場所は中央セクターの下にある日輪アビス。
恐らく、真ん中の開かない制御扉から行けるんだろう。あれを開くキーは、この神楽川閉鎖区南西セクターにあるっぽい。ソースは不破の勘。
しかし南西セクターに怪しい場所なんてあったかな。

西から入りなおして、南西セクターのイールバーン部屋に行ってみる。
すると部屋の真ん中にアンノウンシンボルがある。
スイッチか何かがあるのかな、と接触してみると、謎の怪人が出てきた。
CH30-02
問答無用で戦闘になる。このイールバーン部屋の入り口に書いてあったアークウィザーってやつだ。
後衛にもおかまいなしに攻撃してきやがる。
戦闘後、パワーチップを入手。これがキーってやつかな。
これを中央セクターに持っていけばいいのだろうか。

中央セクターに行き、(7,7)↑のロック扉をサイクラックでこじ開け、(8,9)の謎の装置に接触する。
するとパワーキーを認証し、何やら作動したようだ。
中央セクターには、もう3箇所くらい怪しいものがあったはず。片っ端から接触してみよう。

(14,7)のタッチパネル式装置に触れてみる。大きな「W」の文字と、謎の文章が表示されているらしい。
CH30-03
パネルに触れてみたが、特に何か起こった様子もない。もう一度調べてみると、今度は装置が止まっているらしい。
とりあえず他の装置も探してみよう。

(16,13)の浅瀬の中の装置には、大きな「I」の文字と、さっきと同じような文章が。
画面に触れた後、もう一度調べてみるとやはり装置が止まっている。
なるほど、次はZを探せばいいんだな。

(10,15)の浅瀬の中の装置には、大きな「Z」の文字。触れてみる。
すると鍵の開くような音がして、新たなメッセージが表示される。
CH30-04
どうやらうまくいったようだ。
本当はこの3文字を正しい順番で押していくんだろうけど、偶然正しい順番で触っていたようだ。
これで中央セクターの真ん中のマス(12,11)への扉が開くようになった。

(12,11)にはスレッドポータル。ここから日輪アビス エリアEに飛ぶ。
しばらく一本道が続く。
エレメント系の敵が多いな。全体魔法を複数回使われると全滅が見える。やばい。

(10,3)の↑に隠し扉。扉に入らず←に真っ直ぐ進むとエリアDに出る。
まずはこの隠し扉に入る。
固定敵が4匹いる部屋があり、さらに進むと(10,10)にアンノウン。ここでXウィザーと遭遇。
CH30-05
見た目普通の人間じゃないか。

人質はすぐに解放された。我々をおびき出すためのただのエサだったようで。
「俺が相手をするのに値するか試してやる」的なことで雑魚戦。

CH30-06
こいつらいちいち功績盗んでうっとうしいんだけど。
あとマナ吸い取りやらクリティカルやらが付加される。気をつけようがないけど攻撃が当たらないよう祈ろう。
ここはノノ戦やゴールデンロック戦で味をしめた総員特攻1で戦いのアドバンテージを握る。
そのままの勢いで蹴散らして勝利。

雑魚戦のあとは、おまちかねのXウィザー戦。
お優しいXウィザー様はコードブレイカーを封印して戦ってくれるそうだ。尻尾だけで戦ってくれるフリーザ様みたいなね。

CH30-07
というわけでXウィザーとの戦いになるのだが、言うだけあってかなり強いな。何この滅茶苦茶な攻撃力。
攻撃に躁鬱だの毒だの付加してくるのがうざい。こっちは防ぎようがないからな。
あとカウンターもあるから攻撃する際には注意が必要だ。
防御力も高い。アヤネのクドウムラマサ3回ヒットで20くらいしか与えられない。
これじゃあ勝ち目がないなあ。なんか対策練らないといかんね。

続く。

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事
プロフィール

oisu-

Author:oisu-
趣味はゲームと深夜アニメ実況。
絵を描いたりFlashゲーを作ったりもするけど、一つのことにのめり込むと他のことがおざなりになるので結局あまり成果が出ない。その上根気が続かないのですぐ飽きる人。

pixivb

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー

XBOX360用ダンジョンRPG『円卓の生徒』を全力で支援中!
Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    広告
    円卓の生徒応援バナー


    ここからアフィ注意
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。