スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のサンデー

なんたる…なんたる初歩的なミス…
サンデーとマガジンを間違えて買ってしまった…だと…

マガジンで知ってるのは絶望と一歩くらいしかないけど、一歩は今週だけ見てもイミフだろうしなあ。
仕方ないので絶望先生だけ呼んだ。
このままでは普通ちゃんがハゲキャラに…!
早期発見すぎですか?そうですか。

そんなわけで週刊少年サンデー44号の感想です。

・神のみぞ知るセカイ
今回からまた新たな攻略編が開始と聞いていたので、冒頭のやり取りで何事かと思ってしまったwww
地獄はほんと地獄だぜ! フゥハハハーハァー
さて今回のターゲットは謎のラーメン少女。
あまり接触という接触もしてないまま駆け魂反応が出ましたが、ここからどう接近していくのか。
神の手腕の見せ所です。
今回のコンセプトはどういうところにあるのかも気になるところです。
ラーメン屋を手伝ってお店を繁盛させる的な流れになっていくんだろうけど。それはギャルゲーっぽいと言えるのだろうか。
ヒロインの六つの大罪に挑む神の物語。見境のないマニア同士の戦いが今、始まる。うそです。

・金剛番長
卑怯番長がやられた!!
真っ先にやられるなんて珍しいな、と思ったらまあそんなわけないですよね。
いつ入れ替わったんだよwww
なんかもう白薔薇番長がかわいそうすぎるwww
卑怯番長に卑劣な手を使った報いか…おそろしあ。
やはり過去に敗れた番長のリサイクルが始まったようです。まあきっと一瞬でやられるんだろうけど。
そんな中古番長を束ねるのは改造番長。わくわくするネーミングだな。
今回は改造VS卑怯の頭脳戦ってところか?
進行上、居合VS卑怯になる可能性もあるが、この二人のガチバトルも見てみたいね。

・マギ
ダンジョン攻略その後。
財宝のおかげで大金持ちになったアリババだけど、アラジンはとうとう現れなかった。
会えないのなら探しに行けばいいんじゃね?うはwwww俺まじ天才wwwww
ってことでアリババの新たな冒険が始まります。
モルジアナは合流するのでしょうか。するんでしょうね。仲間に加わった!的な。
アラジンもなんか別の場所にいるようで。再会するのはいつになるのだろうね。
再会までどういう道筋を辿らせるのか作者の腕の見せ所。かなり期待。
その道中にダンジョンをどう絡ませるのかも大事だな。まさか一個クリアしてあと放置ってこともあるまい。
今週いい話だった。わりと毎回クオリティも高いし単行本購入決定だなこりゃ。

・ハヤテ
バトル意味ねーしwww

・はじめてのあく
看病イベント。
こんなものがあるのは二次元だけ!だがそこがいい。

来週からまた新しいのが始まります。
絵の雰囲気的に期待できそうではある。
作者を調べてみたら「ドルピンガー」という読切を描いた人らしい。
多分自分はチラ見だけして読み飛ばしたと思うが、「動物の能力が」云々の説明を見て、そういえばそんなのあったな程度には覚えている。
確か読切の内容はありきたりすぎて見る気も起きなかったけど、絵は少年漫画ぽくて迫力あってよかったと記憶している。
まあ頑張ってほしい。
関連記事
スポンサーサイト

G-XTH コードハザード日記。35

その35。
昇龍が今一だったのでアヤネのBCを釈迦にしてみた。
連撃三段は戦士のものと違って単体に3回攻撃なのかな。
雑魚戦には昇龍、ボス戦には釈迦って使い分けができそう。
ただ雑魚戦も切り込みの必要性をあまり感じない。わらわら出てくるのはドリルとかの弱いのくらいだし。
あと雑魚でも強いのが出てくるのでやっぱり釈迦の方がいいのかもしれない。
というかトモエのままでよかったのかもしれない。

さて『夏休みの課題』の続きだ。今日も今日とてバベルスフィアへ。
バベルキーΒを使って、バベルスフィアN3からC3へ進入。
いよいよ問題のC3セクターですよ。

まず(9,11)にスイッチがあったので作動させてみる。
「テレポータルの使用認証Aを発行」というメッセージが。
CH35-01
これはもしかしたらC1エリアの真ん中にあったポータルを使うのに必要なものかも。
じゃあきっと同様にS3エリアからC3エリアに進入して、もう一個の認証をゲットする必要があるわけだ。
あーまたバベルキーΒが減る…。

今のところC3はこれ以上進めないし、Βキーも一個しか持ってきていなかったので、一度学園に戻り識別と休息。
そしたらバベルキーΒが増えたよ!やったねタエちゃん!
まあこの後すぐ使うんだけどな。

S3エリアからバベルキーΒを使ってC3セクターへ。
(10,8)にあるスイッチを作動させ、先程と同じように認証Bを入手。
これでようやくボスのところへ行けるのかな。

C1エリアに戻り、(10,9)のポータルへ進む。
するとC2をすっ飛ばしてC3エリアへ到着。もしかしてC2エリアってないのか?

(5,5)に赤い敵シンボルが見える。恐らくこいつがボスなんだろう。
しかし、なんということでしょう。
この敵シンボルにたどり着くにはバベルキーΒを要求する扉をくぐらねばなりません。
やだようもうΒを使いたくないよう…。
しかもこのマップ、上下左右ともシンメトリーな構造ぽいから、同じような扉があと3箇所あると予想されます。
おいΒは貴重なんだぞふざくんなくそ。

(14,14)にも敵が。ここへたどり着くにもやはりバベルキーΒが必要ぽい。
だが不幸中の幸いというか、鍵付きの扉はこの2箇所だけらしい。
学園に戻ってバベルキーΒを取ってこよう。

まず手始めに(5,5)への扉を開け、敵と遭遇する。
CH35-02
こいつがゲートキーパーか…とうとうたどり着いたぞ。

戦闘が始まると、こいつの他にも取り巻きの雑魚とも戦うことになる。
こんな感じのラインナップです。
CH35-03

まず総員特攻1で雑魚を蹴散らす。
…と思ったら一番奥のボスまで死んだよwww未識別のままなのにwww
生き残った雑魚をさくっと倒して戦闘終了。
あっさりしたもんだ。
戦闘以外に他にイベントとかはない。

次は(14,14)に行ってみる。
ここもゲートキーパー登場。出現する敵はさっきと同じようだ。
なので今回も総員特攻であっさりボス撃破→残りの雑魚を倒して戦闘終了。
雑魚の攻撃で死傷者が出たけど気にするほどの被害でもない。

この2箇所のゲートキーパーを倒しても何のイベントも発生しない。
一応シズラーポイントに向かってみよう。

バベルスフィアC3のマップ。
CH35-04

シズラーポイントで、シズラー達から戦いは見届けた的なことを言われ、何かデータを貰った。
司令部に戻ってみる。
そして報告。シズラーから貰ったのは、新しいブラッドコード『SIZ』だそうだ。
SIZは何だろう、侍のすごいバージョンなのかな?
任務完了で1000GPゲット。

しかし今回でまたバベルキーΒを消費してしまったなあ。
隊員便覧講習会の終了が遠のいてしまった。
今の手持ちはΒが6個、αが1個。
…任務受領時と変わらんがな。振り出しに戻ってしまった感じ。

教室に戻ろうとしたところで海斗くんから通信が。
司令部に行ってみると、閉鎖中の地下サティアンに何者かの反応があったらしい。
非公式な任務だが、愛国地下サティアンの再調査を任されたよ。

ついでに局長から新たなジャンク品の配備を知らされる。
どんなだろうと配備品を覗いてみたら「ロケットマン」だって。何やら物騒だがワクワクする名前だな。

ロケットマンはMTゲノム2を2個で簡単に作れる。
以前は探すのに苦労したMTゲノムだが、今はすでに余り気味。むしろバベルキーくださいお願いします。
そして問題のロケットマンはこちら。
CH35-05
ナックルでした。
全ブラッド装備可能で射程はL。これはなかなか便利だな。

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

読み込めないDVDなどただのフリスビー

さて昨日のTGSの学生コーナーあたりで配布してたDVDを貰ってきたわけだが。
『GAME COLLECTION 2009』ってやつ。
日本工学院専門学校の学生が作ったゲーム集らしい。

で、今日それをやってみようと思ったら、自分のPCのドライブでは読み込めませんでした。
パッケージもディスクも結構しっかりした感じだし、焼き損ないってことも考えにくいんだが…。
同じような症状の人いねえかな。
それともやっぱり自分のPCのドライブのせいかな。

まあ無料配布で金出して買ったものではないので「金返せ」とは言わないが、
収録されてるゲームは結構面白そうだっただけに残念だよ。
いやそもそもゲームなのかな。必要スペックとか書いてないし映像なのかもしれないな。
それも確認する術がない。
関連記事

東京ゲームショー2009レポ

TGS行ってきました。
ハッサン配信あったのかよ…DS持って行けばよかったクソ…。
まあそれはさておきレポってほどのものでもないが軽く感想なんかを。

TGSには初参加。とりあえず有野が目当てっていうのが一つあったので日曜に出撃。
昼頃会場に着いて、そのままイベントステージへ。
有野司会の日本ゲーム大賞フューチャー部門発表授賞式を見てきました。
受賞されたのは、まあ「有名どころ12タイトル」と言い換えても問題ないくらい無難な選出
まあ仕方ないね。有名なのに票が集まるのは。
でもキングダムハーツはなんか違うと思うんだけど、そんなにファン層厚かったのかなあ。

そんな真面目なイベントなのに有野ときたらまあフリーダムですこと。
「話聞いてなかった」とか「そろそろ釣りバカを超えられる」とか「今度はサザエさんのゲームを」とか「完全なるノロケです」とか…シュール&毒気は衰えていませんな。
個人的には面白かったんだけどなあ。あまり笑いには繋がらなかったな。

授賞式の次のイベントも見る予定だったんだけど、時間的にそれ見たらできるゲームが少なくなってしまうと思って、ゲームしにブラブラと。

途中、イベントステージ以外でも各ブース内でなんかイベントやってたね。
ときメモのあの歌のライブに遭遇したり、バンナムブースあたりでまめぐっぽい声がしたなあと思ったらやっぱりまめぐいたらしいし。
イベントとは違うけど高橋名人が携帯コーナーのハドソンのとこにいたよ。声をかける勇気がなかった…。
その携帯のとこでもなんかイベントやってたね。結構こまごましたイベント多いんだなあ。

まあ触ったゲームの感想でも。
ゲームはだいたい30分待ちとかがデフォだったので、あまり数多くは触れませんでした。

・聖剣伝説2
まずは携帯コーナーで聖剣2をプレイ。プレイ時間は5分間。
水の神殿のセーブデータから始めてパンドーラ王国までの道中しか遊べなかった。
でもなんかグラフィックが綺麗だった。画面が小さいせいか、SFCよりもしゅっとしてた感じ。
あと水に日光が反射してて綺麗すぎて吹いた。
せっかくだからパンドーラの城のどこかで魔法のロープ(何故か手元にあった)でも使ってバグらせてやろうと思ったけど、検証する前に時間切れになってしまった。
さっさとプリムに会いに行けばよかった。
携帯だけに操作性の悪さが残念。真ん中ボタンで攻撃はちょっとやり辛い。

・ダークサイダーズ ~審判の時~
箱とPS3のマルチタイトルかな。
3Dアクション&マップの仕掛けを解いていく感じかな?
最初は操作にもたついて、後からプレイ始めた隣のお客さんに余裕で追い抜かれてしまったが、
ボスにたどり着く頃には操作にも慣れて華麗な立ち回りでボスを翻弄(したつもり)。
サクっとクリアしてちょっと自慢気な男がそこにいた。というか僕だった。
…その後自分がイージーモードでやってたことを思い出して、ちょっと自慢気に思ったことが恥ずかしくなったのは内緒。
操作はあまり自分好みではなかったな。
戦闘は無双ほど無双ではなくDMCほどスタイリッシュではなく。もうちょっとストイックかな。
回避というかダッシュの感じが豆腐男に似てたかもしれない。
なんというか特別目新しいこともなく、「超おもすれー」とは感じなかったな。
雰囲気は好きなんだが…3Dアクションはどうしても似たり寄ったりになっちゃうよね。
どこかにもう一押し独自性が欲しかった。

・FRONT MISSION EVOLVED
フロントミッションのアクション版です。
それアーマードコアじゃ…というツッコミはさておき。
ガンハザードが3Dになったら面白いかも、と常々思っていた身としては否応なく期待が高まるってもんです。
このゲーム、箱コーナーとスクエニコーナーと両方に置いてあったけど、自分がやったのはスクエニブースの方。
スクエニブースの何がすばらしいって、試遊台に椅子がついてること。
歩き通しで疲れてたからほんと有難かった。
あと背が低めのおにーさんが面白い人だった。
さてゲーム内容だが、アーマードコアはやったことがないので比較はできないが、
なんというか、予想と違ってもっさりでした。
いや、もっさりというより処理落ちでカクカクしてたのかな…?
他の人のプレイを見る分には処理落ちしてる様子もなかったんだけどなあ。なんだろう。
もっさりしてたのは機体選択のせいかもしれないけど、軽めの機体に乗ってた人のプレイを見ても、スピード感のあるゲームとは思えなかったからやっぱりもっさりなんだろうな。
とにかくなんか微妙。面白くなる要素は揃ってるはずなんだがな。是非もっと煮詰めて神ゲーに仕立て上げてほしい。

・ニーアゲシュタルト
多分ドイツ語。スペルは覚えてない。
これはスクエニの完全新作箱ゲー。アクションRPGという分類らしい。
あれだけRPG爆死しておいてなお箱で出す、その根性は素直に褒めてあげたい。
体験版はすごい短かった。ちょっと雑魚と戦ってすぐボス戦。
操作も全然慣れてないからボスにフルボッコされますわ。
そんなときスタッフのおねーさんが「十字キーを押すと回復アイテムが使えますよ」と助け舟を出してくれた。ありがとうおねーさん。
ボスはトドメを刺さずに放置していると復活する様子。めんどくせえ相手だぜ。
戦闘自体はオーソドックスな3Dアクション。特別な操作といえば魔法が撃てるってことくらいか?
なんか使い方がよく分からなかったけど。
ただダークサイダーズのアクションよりは、こっちの方がしっくりくるな。好みかもしれん。
あとは即座に背面視点に切り替わる方法があれば○。視点変更が面倒だった。
これもちゃんと作ってくれれば面白いかも。雰囲気も好きよ。
クリア後、スタッフのおねーさんに「難易度どうでした?簡単でした?」とか聞かれたんだけど、むずかったと正直に答えたよ。
ボス強かったよ。でも他の人はわりとサクサククリアしてた気がしたが。
そういう人達には感想聞いてた様子なかったように思ったけど、俺が序盤苦戦してたのに何だかんだでボス倒したのが意外だったのかな?
でも回復アイテム使い切る勢いだったんだぜ…。ほんとギリだったの。

箱ブースでゲームを遊んだので缶バッジを一個貰いました。やったね。いらないけど。

・NinetyNineNights2
なぜかコナミから出ているゲーム。N3の続編。N3てマイクロソフトが出してなかったっけ。
これも箱ブースとコナミブースの両方にあった。
しかしこの時点でTGSの終わりが迫ってきていたせいか、箱ブースの試遊台は既に受付終了となっていた。
でもコナミブースではまだギリ遊べたらしいのでやらせてもらったよ。
前作のN3は、もろ劣化無双で何の味気もなく、しかも意味不明なまま2面で死んで、そのまま売ってしまった。
しかしN3-2では味気なさは改善されているのかな。N3より面白かったよ。
劣化無双なのは否めないが無双よりもスピーディで、敵がモンスターっていうのが個人的に○。
しかし雑魚的に何回も何回も斬り込まないといけないのはちょっと面倒。これ他の3Dアクションにも言えることだけどさ。
雑魚なんか2,3回攻撃すれば死ぬような耐久度でいいんじゃないかなあ。後半ただのボタン連打ゲーになることが目に見えてるぜ。
無双系ファンタジーといえばKUFもあるけど、あれも似たようなことは感じたな。
でもKUFは処理落ちのせいか一撃に重みが感じられて好きだった。世間的な評価は知らんけど俺は好きだったんだよアレ。
なんつーか、N3-2とKUFの中間くらいが丁度いい、そんな風に感じるゲームでした。
ところでN3-2は装備を拾ったり強化したりとかができるゲームなんだろうか。そういう要素があれば嬉しいな、と。
ちなみにゲームは体験版の途中で死にました。おいスタッフ一番簡単なんじゃなかったのかおい。
でもここのスタッフの人面白かったから許す。

触れたゲームはこの程度。あとは学生作品をちょいちょい触ったくらい。
配布されていたGAME COLLECTION 2009てのは貰ったけど。これは何だろうゲームではなくゲームの映像を収録したただのDVDなのかな。
あとで見てみるとしよう。

とにかく人が多くて歩くのも大変だったり、並ぶ時間が多かったり、正直疲れました。
でも面白かったよゲームショー。
自分ではあまり触れなかったけど、人のプレイとか展示品とか見てるのも楽しかった。
なんつーかもう、あの場にいるだけでテンションが上がるね。
また行ってみたいなあ。そんときは、今回時間がなくて触れなかった海外のゲームとかにも触れてみたいな。
関連記事

G-XTH コードハザード日記。34

その34。
だいぶ間空いちゃったけど『夏休みの課題』の続きです。

さてレベル上げの結果ゆうしゃレベル12に。
AC高めなので首切りが怖いけど、一応実用可能なレベルなので最前線に戻す。
ついでだからイージスの使い勝手も試したい。
しかし、今ある片手武器はロクなのがないので、盾を持たせるか両手武器を持たせるか悩むな。
G-XTHでは盾2枚持ちはできないのね。盾二枚持てれば安心の防御性能なんだが。
あとジークフリートは地味にヒールコードが使えるのもありがたいな。

では探索の続きを。
バベルスフィアS3エリアはディスペルゾーンと深瀬が交互に続く。イヤガラセにもほどがある。

(2,10)に制御装置があり、←側の扉が開く。
これでこのフロア入り口のポータルから現地点までショートカット可能に。まあコールポータルを使うから意味ないけどな。

戦闘になったのでイージスを試してみる。
イージスはAC-10。NINJA並の回避率だ。これはいいね。
でもさすがに全体攻撃に対しては無力か…。

(17,12)→に隠し扉。中にはアイテムが。
(2,18)←にも隠し扉。ここもアイテムだけ。

(10,19)↑の扉からセクターC3へと進めそうだ。だがよりによってキーツールΒを要求してきやがる。
Βは他の任務で使うから使いたくないんだけどなあ…。
他に進めそうな場所はないので、一度学園に戻る。

とりあえずバベルスフィアS3のマップを。
あと前回バベルスフィアS2のマップを張り忘れたのでついでにここで張る。

CH34-01

別ルートを探すため、探索を中断していたN2へ行く。
フロアメトライズを駆使してマップを見た結果、(11,12)↑に隠し扉があることが判明。
これでやっとN2エリアも先に進める。

(10,19)の制御盤で←にある扉が開き、ポータルからここまでショートカット可能になるけどコールポータルで飛んで来られるから意味がないのはさっきと同じ。

それにしても、ここに出てくるドータは常に友好的なので、性格調整に使えるNE。

(18,3)↓の扉をバベルキーαで開く。
その先のポータルでN3へ。

N3に進入後、海斗くんから通信。
このフロアは通常の方法では進めない場所があるとか。
そこで、
CH34-02
コールポータルは、通常では行ったことのある座標にしか進めない。
が、戦闘中に使えば同一エリア内の場所にランダムで移動するため、行ったことのない座標にも進入できるってわけだ。
これはwizXTHにもあったな。
もちろんワープに失敗すれば石の中なわけだが。

ご親切に、ポータルからちょっと歩いたところに固定敵がいるので、こいつと接触してコールポータルを使ってくださいってことだな。
とりあえず(14,18)にワープしたので、ここから探索開始。
一度マップ埋めればコールポータルでいつでも来られるから便利。

…だが右側の縦の数列が埋まっただけで進展なし。
これ以上進むためにはまたワープしないと。
このエリアは正方形の部屋が規則的に並んで構成されているようだが、
部屋と部屋とが一方通行で繋がってたり隔壁で分断されてたりするので、ワープ先によってはどうしても進めない場所が出てくる。
このフロアを全部埋めるのは運が必要になってくるな。
とにかく制御盤を探すか。

コールポータル分のMPを全部使い切ってしまったので学園に戻る。
ところでフィットパスINなんての手に入れたけどどう使うのこれ。

ゆうしゃがLv15でマスター。
次はアヤネを昇龍にしよう。
ちょちょいとLvあげて、Lv10で実践配備。
そういえばここでようやく全員分の浮遊装備をそろえ終わった。これでエンフロートいらず。やったね。

あとバベルスフィアの敵が強えから、未知体対策をした方がいいな。
武器と防具にいくつか未知体耐性を付与してやる。

再度N3エリアへ。
何度目かのワープでようやく進展があった。(12,17)に制御盤がある部屋の出る。
だがこれで隔壁全解除とはいかず、近くにあった制御扉だけが開く。結局先には進めないや。

(8,11)にも制御盤があるが、ここも近くの制御扉が開くだけで、やっぱり先には進めない。

ワープを繰り返してようやく分かったこと。
結局先に進むには、一番左上にあるだろう部屋にワープで辿り着かないといけないわけだ。
その確率は概算で恐らく7~8%程度。移動可能エリアと、マップから予想される左上部屋の大きさ的に考えて。
まあレアアイテム拾うよりは楽だし、何度か繰り返せば行けるだろうけど面倒くせえな。

うろちょろしてるうちにアヤネが昇龍をマスターしたよ。
昇龍はなんか今一だな。首切りはあるけどここぞというときの火力に欠けるっつーか。

その後もひたすらワープ。で、運良く左上の部屋にワープ成功。
(2,17)の制御盤で左上の制御扉が開き、これでようやく先に進めるようになったわけだ。
(4,15)の制御扉は右下の扉が開く。もはやあまり意味がない。

とりあえず、さっき開いた制御扉から先に進むと、今までいた部屋で構成されるエリアの外周をぐるっと回って(9,0)↓に扉を発見。
ああ、ここもバベルキーΒが必要なのね…。
仕方ない。一度学園に戻って取ってこよう。

バベルスフィアN2とN3のマップ。
CH34-03

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

怪獣バスターズ

TGSが始まりましたね。
まだ一般日ではないので自分には関係ないけど。
たまにはこういうイベントも行ってみたいものだな。どうせ暇なんだから。

そしてこういうものを見つけた。
怪獣バスターズ:http://www.bandaigames.channel.or.jp/list/kaijyu_busters/
このムービーの項目を是非見てほしい。

なんつーか、カプコンは訴えた方がいいんじゃないですかこれ。
以前、中国産のモンハンもどきを見かけたときは、なんというか「あちらの国らしいな」と、むしろ微笑ましくもあったんだけど…。
さすがに国内のゲームでここまで露骨だとどうなのよ。

流行りモノはパクられる運命にあるとはいえ、少しは考えるべき。
それともアレかな、実はスタッフが同じとかシステム流用してるとか、そういうことなのか…?
関連記事

化物語のお話

チバでは火曜26:30~放送の化物語ですが、これも来週で終わりのよう。
TVシリーズは、だが。
どうやらネット配信分が3話ほどあるという噂を小耳に挟みました。
ウィキペでは「公式サイトで配信予定」とか書かれてるけど、公式サイトにそういうお知らせが見当たらないんだが、いつから配信になるんだろう。
というか、そういう情報はどこで告知するんだろう。最終回の後に「続きはWEBで!」とかやるのかな。

ところで、TVで放送してるアニメは見るけど、これがネット配信となると途端に見なくなっちゃうんだよな、俺。
TVの場合は時間が決められて放送されてるから、見逃すまいとして曜日とか時間とかをチェックするんだけど、
ネットの場合はいつでも見られるから、とつい油断して結局見ないパターンなのかも。
いや、そもそもネットの場合はアニメを見るのにある程度の積極性が求められるというか何というか…要するに面倒くさいんだろうね、自分の場合は。

つか、まず告知というか宣伝がなければネット配信の存在も知りえないし。存在を知らないアニメを探そうなんて思うわけないものな。
ニコニコアニメチャンネル?のアニメもサンレッド以外は結局見てないし。調べようとも思わなかったし。
これネット配信の最大の弱点かもなあ。
TVの場合は垂れ流してれば情報が入ってくるからね。まだまだTVの影響はでけえな。

あとネット配信してる場所が多岐に渡るのも厄介だ。
ニコニコだったりビッグローブストリームだったりGyaoだったりアニメイトTVだったり。
一番面倒なのが公式サイトでの配信だ。コストがかからなくて済むのかもしれないけど、見る側はその存在を知りようがないっていう。
たみーが以前「ウェブ漫画のポータルサイトがあれば週刊誌は必要なくなる」みたいなこと言ってたけど、アニメのネット配信も似たようなものなのかもな。
TVを必要としなくなるためには、それに変わるポータルサイトが必要っていう。
まあ上に挙げたニコニコ等がまさにそれなんだけど、さらに「どこどこで○○の配信が始まりましたよ」
ってことを教えてくれる何かが欲しいな。

ああ、あとネット配信だと見る人によって見始める時間が違うから実況できないっていうのは何気に一番痛いかもしれないな。
関連記事

にこにこ

ニコ動の実況プレイとか見ると実際に自分もやりたくなってくるなんてのはよくあること。
最近はロックマンXシリーズを見たので自分でも久々にやりたくてウズウズしたりする。
特に2がやりたい。1と3のことはよく覚えてるのに何故か2のことはあまり覚えてないんだよなあ。
結構面白かったはずなんだが。

PC版のX3とX4は持ってるんだが、やはりSFC版というかコンシューマ機でやりたいもんだ。
まあ当然のことながらスーファミなんてもう手元に残ってないわけだが。
しかし最近はWiiとかで古いゲームを配信してたりするからいいよね。
それだけのためにWiiを買うってのも一つの方法ではある。

自分は箱しか持ってないから、そういう昔のゲームの配信なんてのは期待できないけど。
ああでも、もしX9を出せるならパッケージじゃなくて無印9みたいなDL版がいいな。

あとニコ動のゲーム実況とは関係ないんだけど、ゲームセンターCXが非常に見たい。
実はネット上に探せば転がってるんだけど、ちゃんと権利者にお金を落として堂々と見たいってことで、
だからといってDVDを買うのもアレだから、せめてレンタルでもと思いTSUTAYAでCXを探してみた。
だが結果的には借りなかったよ。
DVD1本につき2攻略くらいしか入ってないんだな。セル版とレンタル版とこうも違うとは。
まあ仮にセル版だとしても、CSでの放送分を全部網羅できるわけではないのか。レミングス生放送とか見たかったなあ。
そのうち挑戦全部見られるようになるといいな。Wiiの配信分含めて。

そういえば課長はまだロックマンXには挑戦していないのか。
あえて温存しているのか、腕前を考えて放置しているのか分からないけど、面白いリアクションが見られると思うんだよな。
ぜひチャレンジしてみてほしい。そしてそれを見たい。
関連記事

今期も終わり

今期もアニメがどんどん終わる時期になってきました。
聞き続けてきたラジオもぼちぼち終わりを迎えております。
そんな中アマガミのラジオ3クール目突入おめ。
あすみんのアホの子っぷりを再認識できる回で危うく蕩れ死ぬところだった。

アニメの話に戻そう。
今期は話題になるような大きな当たりこそなかったものの、粒ぞろいだった印象だな。
うみもの、GA、たいやき、まにまに、この辺が特に好きだったな。
GAが終わっちまったら俺は今後何を楽しみに生きればいいんだ…。
今期最強ヒロインは間違いなくノダミキちゃん。異論は認める。

そういえばノダちゃんの中の人がその昔いぐちともこたんと共にラジオをやっていたことは有名な話…なんだろうか。
俺はリアルタイムで聴いてたわけでなく、最近になって某サイトで全部聴いただけだが。
あの頃はあすみんはあすみんだった。
「いぐちはきもいから」→「きもくないですよ!」→「きもいよ♪」の流れが大好きだ。
関連記事

カンフーハッスル

ちょっと時差あるけど勘弁。
土曜日にフジテレビでやってた映画『カンフーハッスル』が面白くて見入ってしまったよ。

まあ最後突然覚醒するまで主人公が空気だったりヒロインがもっと空気だったり、いらない要素も多かったけど。
あの達人達のアクションシーンは素直にかっけーと思いましたよ。
ババアが鐘を加工して拡声器代わりに使ってジジイに大ダメージを与える命名『ババアキャノン』がすげえツボだった。
戦隊モノのロボット呼ぶ前の合体技っぽかった。
とにかく勢いで突っ走る映画、こういうの、嫌いじゃないぜ。
関連記事

うみものらじおー

あいしてるぅー!

今日のうみものらじおはみゆきち回だった。
なんかみゆきちが楽しそうだったな。
なんだかんだで仲良しなのかもしれない。
ぎぶりん&じゃまみん再臨といい最後のポエムといい、いろいろと神がかった回だったな。
ぎぶゆうもう一回くらい来ないかなー。あの人面白すぎる。
あと、みゆきちの声で誕生日おめでとうとか囁かれてみたい。きっと死ぬ。

そういえばレールガンのWEBラジオが始まってた。
かな恵ちゃんとあいなまのコンビだった。しゅごい組み合わせですね。
あむちゃんはやっぱりどこまで行ってもあむちゃんだなあ。でもかわいい。
禁書のラジオは面白かったけど本編は個人的に微妙だったんだけど、レールガンの方はどうかな。
このさいキャッキャウフフしてくれればいいや。
関連記事

G-XTH コードハザード日記。33

その33。
ところで忍者は素っ裸と相場は決まっているが、このゲームLv15までしか上がらないから、多分ACもそこまで下がるわけじゃないと思うんだよね。
今も一応何かしらフル装備させた方がAC低くなるし。

レベル上げの結果ショウマはLv9、ナナエドはLv10に。
こんくらい上がれば実戦に耐えうるだろうし、そろそろ新しい任務を受けよう。
そしてレベル上げをしている間にバベルキーΒが7個になった。あとα30個分だ。

というわけで次の任務はこれ。『夏休みの課題』☆9個。
・各隊員、ブラッドコードをレベルキャップまで成長させること。
・シズラーに対してさらに協力を仰ぐこと。
という課題を押し付けられた。そんなことよりみんな勉強した方がいいんじゃないすかね。

まあ今回の任務は、早い話がシズラーポイントで連中と接触しようってことだな。

早速バベルスフィアのシズラーポイントでコンタクトを取る。
すると「協力することはやぶさかではないが、力を試させてほしい」ということで、
バベルスフィアセクターC3にいるゲートキーパーを倒して来い、と言われる。

今いるところはC1エリア。
バベルスフィアを先に進むには、バベルキーαが必要になる。しかし今キリよく全部Βにしちゃったからαが手元にないっていうね。
せっかく作ったΒを崩すのも何か嫌だし、α出るまでどこかで戦わないとなあ。
試しに行く手を塞ぐ扉にサイクラックを使ってみたが、効果はなかった。
やっぱりバベルキーが必要なんだな。

しばらく戦ってもなかなかαが出ない。
仕方ない、ここは先行投資ってことでバベルキーΒを崩してαに変えてしまおう。

これでようやく先に進める。
C1エリア(9,0)の扉をバベルキーαで開け、南へ。
するとバベルスフィアS1へ出る。
…この扉、入りなおすたびにキーツールを要求するとかふざけてんの。
なるべく一気に踏破したいね。

このS1エリアは定期的にディスペル+回転床があるので常駐魔法は意味がない。
ショックに気をつけよう。

幾つか発見したもの。
(1,17)から(1,1)へワープする。
(18,0)から(19,18)へワープ。
(18,18)↑の扉をバベルキーαで開け、(18,19)から(10,0)へワープ。
(9,1)の制御盤を作動させ(10,2)↓の扉が開く。
(10,1)はテレポータル。バベルスフィアS2へ移動できる。

探索中にバベルキーΒを拾った。さっき崩した分を取り戻してお釣りが来る。やったね。
やっぱりバベルスフィア内のレベル高いエリアの方がバベルキーの入手率が高かったりするのだろうか。
C1で頑張る必要なかったな。

バベルスフィアS1のマップ。
CH33-01

そういえば、コールポータルが使えるから、一度学園に帰還しても、またS1に戻るのに鍵を消費する必要はないのか。
つーかコールポータルって階が違ってもワープできるのね。初めて知ったよ今更だけど。

一度学園に戻って休息して、S2へと進む。
当然敵も強くなってくる。

S2(15,18)に制御装置があり、作動させると、画面のちょい奥で扉が開くのは確認できた。
開いたのは恐らく(14,18)↓の扉。だが、そこへたどり着くルートが見つからない。
仕方がないので一度戻って別のルートを探してみよう。

というわけでC1まで戻り、今度は北側にある扉をバベルキーαで開けてN1エリアへと進む。

N1は、マップ下側半分は横一列のダークゾーンの中から北へ続く道を探しつつ、を繰り返すパターン。
マップ上側半分は入り組んだダークゾーン。
しかし、こうダークゾーンが続くと俺は今いったい何のゲームをやっているんだって気になりますな。
画面真っ暗な中、進んでるのかどうかも分からずキーを押す作業が始まるお…。

頑張ってダークゾーンを抜けて、(10,19)←の扉をバベルキーαで開けるとポータルでN2へ。
バベルスフィアN1のマップ。
CH33-02

N2は特に複雑なマップでもないんだが、ここでも道が見つからず行き詰ってしまった。
仕方なく学園に戻る。
おかしいなあ、どこかに見落としがあるのかなあ。

ショウマがLv13になったのでシャドークロスとシャドーズボンを与える。
それからシャドーガードを装備させて忍者フル装備。
CH33-03
かこいい。

行く場所がなくなってしまったが、とりあえず再度S2へ。道を探す。
そしたら、なんてことはなかった。(7,9)↑に隠し扉があるじゃないか。見落としていただけか。
しかし何だろうねこのハザードエリアってのは。敵の出現率が上がるよってこと?

(2,10)の制御装置で(1,10)↓の制御扉が開く。
そして(1,10)にはポータルが。ここからS3へと進める。

ここでまた学園へ戻る。
みんなLv15になったので、エドとナナを以前のBCドミニオンとアマテラスに戻す。
そして、ゆうしゃを元々の目的であるジークフリートに転職させる。
今までずっとウシワカだったけど、本当はジークフリートにしたかったんだよね、ものすごい今更だけど。
最前列のキャラが転職してしまったので、しばらくはまたレベル上げ。

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

今週のサンデー

週刊少年サンデー42・43号の感想です。
合併号だったのな。来週はお休み。

・神のみぞ知るセカイ
( ;∀;)イイハナシダナー
なんか雰囲気的にばばあが死ぬんじゃないかと思ったがそんなことはなくて安心したぜ。
長生きすればするほど周りの人が先に死んでいく、老人の孤独ってのは計り知れないものがありますな。
桂馬は同じようにじじいになったときには「いい人生だった」と言えるんだろうか。
…いや、愚問でしたね。大勢の2Dヒロインとの思い出がありますものね!
それにしてもババア(若)かわいすぎだろ…。なぜこの時代に生まれてこなかった…!
待てよ、ババアと愛梨がそっくりということは、もう10数年も経てば愛梨もこんなかわいい娘に成長するはず!
やった!結婚した!十数年後の愛梨と結婚したぞ!!

・金剛番長
新手の白学ランは道化番長でした。
そして実は居合番長は生きていた。あとは金剛兄を倒すだけだなククク…。
まあ直前のやり取りから察するに、薬か何かを打たれて洗脳されてるよね明らかに。
しかしいくら洗脳されたところで、刀が金剛番長に通じるとも思えないが…。
つか彼は憲兵番長に負けた後、道化番長の手当てを受けて回復した後にまた何者かに負けて白学ランの仲間になったわけだよな。
そして次また金剛に負けるとなると…どうよこの敗北率。ヘタレ街道まっしぐらじゃねえか…。
居合の他にも、白学ランに負けた番長が姿を消したってことは、同じように洗脳されて白学ラン入りしてたりするんだろうか。
使い捨て番長再利用計画の始まりである。そんな気がする。
射撃番長あたりは良キャラだから今度こそ日の目を見てほしいな。

・マギ
ダンジョンからの帰還。
帰還中になんかもういろいろフラグ立てちゃってます。
そしてきっちりフラグ回収。
仲間になったと思ったらいきなり別離とか割と新しいな。
次からどっち視点になるんだろう。アリババがアラジンを探すのか、アラジンがまた別の土地で旅するのか。
いきなり2,3年は時間が吹っ飛ぶ可能性もあるな。
何かもう切ねえ話だないろいろと。
とにかく一つのダンジョンを攻略した影響がどの程度のものかは次回以降明らかになる感じか。

・ハヤテのごとく!
バトル漫画はじまた!
イチャイチャしてるだけの回よりこういう方が分かりやすくていい。

・はじめてのあく
青春だね!

・MAJOR
もう結婚しちゃえばいいのに。
いい加減終わらせるのか?

・読切 魔法行商人ロマ
アウターゾーン的な。ちょい黒い話か。
読切というか特別編だからか、これ1話だけ見ても今ひとつインパクトに欠ける気はするけど、嫌いじゃないよ。
あとロマかわいい。

超は読んでないから知らんけど、なんとなく本誌より超の方が全体的にクオリティ高いんじゃないかって気がするな。
本誌もっと頑張れよ。
関連記事

G-XTH コードハザード日記。32

その32。
とりあえずレベル上げをする。
ショウマとリコ以外はLv15に到達。このゲームではこれ以上レベルを上げることはできない。
全員がLv15になったら一人ずつくらい転職させてみたいね。

レベル上げついでに次の任務でも。
『隊員便覧講習会』。☆8つ。
XTHの基礎を学ぶ、にしては星の数多いし今更感もあるんだが。なんかイヤな予感がする。

アリスから説明を受ける。

やはり講習会というのは表向きで、局長に内緒に進めたい任務があるらしい。
その任務の内容は、CPOのデータベースにハッキングすること。
理由は、端的に言えば自分達の力の真実を知りたい、というもの。
この力については断片的に説明を受けていたが、その歴史や背景は最高機密とされている。それを知りたいというのだ。

で、ハッキングするのにバベルキーγが必要らしいので、そいつを調達してこいという話。
バベルキーγはバベルキーΒの上位アイテム。なので、バベルキーΒを10個合成すれば作れる。
アリスからはバベルキーΒを3つ受け取る。どうにかしてあと7つ集めろってとこか。

まず配備を頼ってみる。
バベルキーΒを1個買える。
バベルキーαは21個買ったところで打ち止め。
バベルキーαを10個合成するとバベルキーΒが1個作れる。
というわけで、これでバベルキーΒが6個になった。あと4つ。

残りの4つは地道に戦って集めるしかないか。
そういえばバベルスフィアにいるマアサに何かするとバベルキーもらえるらしいけど、今はまだノータッチにしておきたい。

とりあえずバベルスフィアで少しの間戦ってみたがバベルキーを落とす気配がまるでないので諦める。
考えてみれば、今手持ちがα7個にΒ6個。
ベータ6個は今回新たに調達したものだし、αのうち1個は以前海斗からもらったもの。
つまり今のプレイ時間43時間かけても、バベルキーαを6個しか拾っていないことになる。
これは…かなり絶望的なのでは…。
まあレベルの高いダンジョンの方がバベルキーの入手確率高いだろう、という淡い期待を抱きつつ、先に違う任務こなすかね。

その前に、愛国サティアン地下3の固定敵相手にレベル上げだけして全員のLvを15にする。
なので転職させてみた。
ひとまずエドとナナの役割を交代。エドをツクヨミ、ナナをエンジェルに。
そしたらHPは引き継がずに初期化されるのな。HP一桁では最前線で戦うわけにはいかないな。
つか僧侶系はエンフロートが使えないんだな。
魔法ランクがCだとレベル毎に2個しか魔法が使えない。ヒールコード、サイコードともにランクBのツクヨミ・アマテラスが魔法役には適任なのかな。

このままダンジョン突入は無謀すぎるので、ちょっとレベルあげなきゃ。
転職は一人ずつじゃないと戦力大幅ダウンで危険だなあ。
ただ、Lv15のキャラがPTにいると、戦闘でLv15のキャラが得られる分の経験値がLv15未満のキャラに回ってくるので、レベル上げは楽になるな。
具体的に言うと、今みたいにLv15のキャラ4人でLv1のキャラが2人の場合は、Lv1のキャラが通常の3倍の経験値を取得できるわけだよ。

レベル上げをしつつ、ショウマをフウマに転職させたいので性格をちょいちょい悪に傾ける。
そのためにバベルスフィア内の固定敵4匹と戦ってた。なんか体感的に様子見てくる敵の頻度が多い気がしないでもないから。
考えてみればこの前の日輪アビスにいた友好的な敵を相手にすればよかったんだろうけど、あそこだと敵が強くて転職したての二人が死にそうだからな。
全体魔法食らえばほぼ即死だし。

様子を見てくる敵に一回ずつ戦いを挑んでは診療相談を繰り返し、やっと性格が悪に染まった。これでフウマに転職できる。
そして転職したらすぐ中立に戻さないと何かとめんどいので、フウマに転職後もひたすら固定敵と接触し続け、様子を見てくる敵の出現を待つ。

PT内で3人転職してしまったので、戦力的には大幅にダウン。
なのでしばらくはレベル上げ。
次の任務に行くのはLv10くらいになってからだな。

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

ストライクパンツーズ

某所で拾った画像。
stpn

ストライクウィッチーズことストパンのゲームがXboxで出るかもしれないという噂を聞いてひそかにわくわくしております。
まあ上の画像はコラだけどね。
ストパンとかのアニメをゲーム化した際、だいたいADV形式に落ち着くという印象が個人的にあるのだが、
そしてそういうキャラゲーはすべからくクソゲーである、と。
ただ、キャラゲーでもこの画像みたいにエスコン風味に作ってくれれば迷わず買っちゃうかも。
ストパンにはコナミが一枚かんでたと記憶してるから、それならZOE風でもいいな。

どのキャラゲーも、原作というか、元のアニメを生かせるようなゲームで、なおかつちゃんと作りこんでくれればコレクターアイテムの域から一歩踏み出せるのに。
そういえば大正野球娘のゲームも出るけど、あれもADVぽいんだよな。普通に野球ゲーにすればいいのにと思う。
だがクイーンズブレイドのゲームは地雷と分かっていても買ってしまいそうだ。
関連記事

G-XTH コードハザード日記。31

その31。
『WIZ機関捜査任務』続き。
Xウィザーが強かったのと、その前の雑魚戦も結構もうざいので何か考えてみる。

で考えてみた結果、方針としては、
総員特攻1→連戦に備えて隊技種をMAGICに変更しとく→残りの雑魚をアトミックワークで蹴散らす
という力技に落ち着く。
MAGICにするのは、Xウィザーの攻撃力がやべえのでマジックシェルで緩和したいから。

ただ、この方針も成功率がなんか低いんだよな。
ナナとショウマがやたら狙われてる気がする。ほぼ毎回どっちかが死ぬ。生きろ…。
あと敵もアトミックワーク使ってきやがるの。これ使われると1撃で100以上持っていかれてパーティー総崩れになりがちだからやばい。
Xウィザーにたどり着くまでもなかなか安定しない。

そんなこんなで雑魚戦を切り抜け、何とかXウィザー戦へ。
マジックシェルで攻撃を緩和しながら戦う。が、躁鬱状態は防ぎようがない。
リコは戦闘じゃお荷物だからどうでもいいとして、エドが躁鬱になるのは痛い。アンチメランコリを持たせるの忘れてたし。
こうなると回復のしようがなくなる。殺られる前に殺るしかない。

その結果、
CH31-01
こんな状態だけど何とか勝利。
ゆうしゃのラッシュが全部回避されたときはもうダメかと思ったけど、トドメはナナのアクアワークだった。
ワーク系は50くらい安定してダメージを与えられた。積み重ねが大事だNE!

戦闘後、WIZ機関に入らないか、とXウィザーが勧誘してくる。局長のフラグどおりだ。
そんなXウィザーの正体はというと…
CH31-02
なん・・・だと・・・?

空斗は前副隊長だそうだ。ということは引田とは親しかったはず。あいつ何か知らないかな。後で会いに行こう。
とりあえず任務完了で900GPゲット。

ところで今更なんだけど、このゲームは死んでも年齢増えないのね。年齢上げたくないからって必死こいてリセットする必要なかったなあ。

アイテムの識別をする。
セラフィレッグの+1が出てきたのでリコに与える。
あとランダーズヘルム。これは男のみ装備可能。
CH31-03
ごっついな。

日輪アビスに戻って、エリアDの探索の続きをする。
(10,12)↑の扉はハックキーΒで開く。
中には赤い敵が見えるぞ。

あと、この辺に出てくるこいつ↓
CH31-04
こいつ常に友好的だから性格の調整に使えそうだね。様子を見てると必ず逃げるっぽい。

(10,15)の赤い敵と接触してみる。
すると謎のメッセージの後に金教授が復活!
再戦ですよ。
CH31-05
ここでも総員特攻が大活躍。何度かリセットして勝利。

捨て台詞を残して消えていく金。
CH31-06
ナンドデモォ!

戦闘後は強制的に市街マップに戻される。
学園に戻って死者を復活させて休息してゆうしゃとアヤネがLv15、ショウマがLv14に。

ちなみに先程の場所に戻るとまた金と戦える。ナンドデモォ!
ただ、この部屋にはワープで入れないので、毎回ハックキーΒを消費しないといけない。

日輪アビスのエリアD,Eのマップ。
CH31-07

識別。
ゴッドリング+2。なんかすごそうだけど装備できるやつがいない。
ナイトソード。久々の片手武器。2本あれば二刀流させられて強いんだけどこれだけではな。倉庫へ。
エンジェリーク。えろい。男は装備できない。ニップルシールドやアバタールアテネよりは弱いので倉庫行き。
なんだけど、セラフィレッグとセットになる装備っぽいので、せっかくなので併せてみる。
CH31-08
どこの風俗ですか。けしからん実にけしからん。

(c)2008-2009 Team Muramasa / Experience Inc. All rights reserved.
関連記事

ひだラジの

公録の参加応募が開始されてたので、試しに申し込んでみました。
倍率高いだろうから正直期待はしてないけど、受かるといいな。
生で動くあすみんとみずはすとか見てみたい。

しかしこの「SME乃木坂ビル2F ライブテリア」ってどこなの。
ぐぐったら一応地図らしきものは出てきたけど。
確実に迷うなこれ。
関連記事

今週のサンデー

週刊少年サンデー41号の感想です。

いきなりサンデーと全然関係ないこと書くけど、別冊少年マガジンのどうぶつの国だけ立ち読みしてきた。
とても雷句らしい漫画だった。冷静に考えて面白いかどうかはさておき、とても熱かったよ。見た目のかわいらしさに反して。
これは続きも読んでみたいなあ。あの子供をめぐって今後どうなっていくのか、気になります。
つかエピソード0なんてものがあったのか。マガジンも読まないと…。
あと月刊マガジンでも連載やってるのな雷句。しばらくブログ見てなかったから知らなかったわ。
ガッシュでそれなりに儲けただろうに、この人のやる気はすげえなあ。どっかの冨樫は見習うべき。
サンデーも惜しい人を手放したもんだ。雷句といい久米田といい。

・神のみぞ知るセカイ
愛梨ちゃんはぼっち。
やっぱりタダのガキではないようだが、幽霊が駆け魂なのか存在自体が駆け魂の影響なのか、次回明らかに。
このシリーズは攻略回というよりプチイベントみたいな話だね。
全てのカギはババアが握っている。ババアと桂馬のジジイの間に何かありそうでないかもしれない。
「離婚調停かな」のコマが好きだ。

・金剛番長
これもインターバル回。
番長達のカオスな日常。
来音寺くん意外と友達多いな…。念仏のくせに…。
キリっとした顔で「ガチャッ」て言ってる金剛がクソワロタwwwつーかもういろいろとワロタwww
なにはともあれ聖地が消し飛ばなくてよかったNE!
だがそんなカオスな日常も束の間、新手の白学ランが!

・マギ
新手のマギか!?
一つのダンジョンは制覇した。だがこれで全てが終わったわけではない。
また第二第三のダンジョンが…。
とりあえずアモンとモルジアナが仲間になった、的な。
ジャミル様はここで終わりか~。結構好きなキャラだったんだけどなあ。残念だ。
ゴルタスがかっこよすぎて泣いた。

・ハヤテのごとく!
こういう回は特にコメントに困る。
そんなことよりアニメは2クールだってことの方が驚きだよ。

・月光条例
桃太郎最強説浮上。

・読切 幻影少年
ベタすぎてワロタwww
絵とか話とか、この人の漫画はやっぱり今ひとつ肌に合わないんだけど、イイハナシダナー。


そういえば万乗の描いたサイレンは好きだったよ。ゲームやったことないけど。
関連記事

ひだまり特別編DVDの

とうとう予約をしてしまった。
ソフマップのオンラインショップで。オンラインで注文できるってのはほんと便利だな。
俺みたいな田舎者は東京に出るだけで交通費が1000円以上かかるからなあ。
仮に送料がかかるとしても安いもんだよ。

アニメのDVD,しかも限定版を買うなんて初めてのことだよ。
数年前までは「オタきめえwww」とか言ってたのが嘘のようだ。
ダークサイドに堕ちると早いもんだないろいろと。

しかし特典の目玉とされるぎがっちだが、容量は1Gなので実用性はあまりないな。
中にはひだまりらじおが全部収録されてるらしいけど、これは公式でもバックナンバー全部が余裕で聞けるからなあ。
しかも既に手元に録音済み。だからあまり魅力は感じない。
まあオーディオコメンタリだな、特典で一番期待できそうなのは。

手元に届くのは約二ヶ月後か。何かその頃には忘れてる気もするが楽しみにしていよう。



実に自然なアフィだ。
まさかamazonの方が安かったとは…
関連記事

結果的にメモリが増えた

以前からWindows起動時のブルースクリーンに悩まされ、あれこれ対策を取ってみた結果症状は改善されず、
まあたいてい一度リセットボタンを押して起動し直せば普通に動くから、とずっと放置していたわけですが。
それが最近は、一度リセットを押せば直っていたものが二度三度とリセットしてもブルースクリーンや強制再起動が起こったり、
ついにはセーフモードですら起動しなくなったり画面が映らなくなったり、と、どんどん悪化していったわけです。
このままではまずいということで、前々からやろうと思っていたメモリを一枚ずつ外して様子を見るというテストをやってみることに。

約6年前にPCを組んでから今までの間に、一度だけメモリを増設したことがある。
そしてブルースクリーンだが、今年もそうだけど、数年前から主に夏場に多く発生していたことは覚えてるんだが、
それがメモリ増設前からか増設後からかが分からない。
増設前のメモリがあやしいのか、増設後のメモリが怪しいのか…とりあえず、増設した方のメモリを外してみる。
そして起動。

あれだけ起動時にぐずっていたWindowsがあっさり起動。
いつもなら、起動後だいたい10~15分以内に強制再起動があったりブルースクリーンが出たり画面が映らなくなったりしていたのだが、
それが15分ほど放置しても何の異常もなし。
ただ、すんなり起動することもそれなりの頻度であるので、また電源を切ってしばらく放置の後電源を入れ、もう一度PCを立ち上げてテストをしてみる。
すると今度も20分ほど動かしても何の異常もなし。

原因は増設したメモリだったのか?こんな単純なことであっさり解決してしまったのだろうか?
しばらく様子を見てみないことには何とも言えないが、このまま異常が出ないことを祈ろう。

さて、1GBのメモリが512MBになってしまったので、このままでは何かと不便だということで、家に転がっている使われていないPCからメモリを物色してみる。
したら512のメモリが2枚も余ってた。メモリの規格も今使っているのと同じっぽい。これは使わない手はない。

というわけで今のPCにメモリを移植。起動してみる。
やはりブルースクリーンも再起動も起きない。
これはまじで直ったんじゃないかな。
やっぱり悪さをしていたのは以前増設したメモリだったのかな。

そしてメモリが1GBから1.5GBに増えましたとさ。
もっと早く手を打てばよかったよ。
関連記事
プロフィール

oisu-

Author:oisu-
趣味はゲームと深夜アニメ実況。
絵を描いたりFlashゲーを作ったりもするけど、一つのことにのめり込むと他のことがおざなりになるので結局あまり成果が出ない。その上根気が続かないのですぐ飽きる人。

pixivb

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー

XBOX360用ダンジョンRPG『円卓の生徒』を全力で支援中!
Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    広告
    円卓の生徒応援バナー


    ここからアフィ注意
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。