スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまりスケッチ×365特別編

せっかくなのでアニメ本編の感想でも。

1話目は『どこでも自転車』。
ゆのっち達が自転車に乗れるようになるまでの軌跡を綴ったドキュメンタリです。
しかし原作の自転車回分はAパくらいで終わり、後半はオリジナルぽい感じです。
実に自然な流れでメインキャラも脇役キャラも勢ぞろいですね。
校長や三十路、夏目に大家さん、それから放送部の藤堂さん(cvまりなん)まで出てきます。
夏目と沙英のらぶらぶちゅっちゅも相変わらず。いいぞもっとやれ。
まりなん登場パートはさすがに無理矢理感が否めないんだが、これは3期の伏線なんだろうか。
新入生が登場ってことは、有沢さんの話もあるはずだものね。
その辺で伏線回収する予定かな。
新入生といえば、乃莉&なずな氏の二人もこの話には出てきます。
まだ声は付いてないけど。声優誰になるんだろうね。気になります。

そういえば宮子の声が妙に低い気がしたんだけど、こんなもんでしたかね。
確かに意外と低い声だった覚えはあるけど。
365の後半、みずはすが声出すの明らかに辛そうな感じがしてたんだけど、そこで感が鈍ったか?
まあうろ覚えなのでよく分かりません。

2話目は『赤い糸/イミシン』
1話目よりもなんか絵が原作っぽい。ウメス神の描くゆのっちは奇跡でできているので原作の近い方がよし。
アニメのゆのっちはたまに可愛くないからなあ。
でも、いつものアニメ絵の中に原作に近いカットがあったりすると違和感があるNE!
まあそれはさておき、この話は宮子の制服の肩の部分が直るまでを追ったドキュメンタリです。
益子先生(cv寺島拓篤)も大活躍です。嘘です。でも校長以外の男にちゃんと台詞があるのは珍しいかも。
この話の中で、クラスメイトの一人をみゆきちが演じているわけだが、さすがみゆきちだ、一瞬誰だか分からなかった。
ミズハスもみゆきちも幅広い声色を持っている。みゆきちは今もなお大活躍中だが、ミズハスはもっと仕事が増えていい。
制服が直った後は、また何か別の話が始まります。
2話の予告の4コマと繋がるわけだが、4コマが存在するってことはこれオリジナルじゃなくて原作付きの話なのかな。
単行本ではこの話見たことがなかったが、本誌では連載していたのだろうか。
5巻が出ればわかるだろう。
ゆのっちが探し物を探して右往左往する話です。
見つからなくて「もう探さないもん!」みたいなこと言ってベッドにうずくまる姿がかわいくて死ぬ。
そんで次の日、赤い糸のオチ部分『イミシン』へと繋がって終了です。
三十路はえろいなあ。


それからオーディオコメンタリというものを初めて聞いたが、
俺はてっきり「アニメを実況しながら見る」みたいなものだと思っていたが全然違った。
結局いつものラジオじゃねえかwwwアニメの話ほとんどしてねえwww

1話目はメイン4人+marbleのお二人。2話目はあすみん+三十路+神が喋っています。
いつものラジオの延長っぽくて、すごく楽しかった。
そして確信したね。
ゆのっちの中の人とあすみんはやっぱり別人だ。
「あの可愛い声は絶対お前じゃねえ!」(cvしんたす)って話は本当だった!
あすみんはかわいいなあ。ゆのっちの次くらいにかわいい。
関連記事
スポンサーサイト

落ちた━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!

さて以前申し込んだ『MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP』だが、抽選落ちました。
運が悪かったな…。
まあいいさ、平日だし…。
東京まで行くのに余計な金を使う必要もなくなったわけだし…。

しかしあれか、これはいよいよWiiを買えっていう天の声か。
そして発売と同時にレイルさんとィイイイイイイッヤオオオオオオオオオウすべきだろうか。
そのためにひかよんもスルーしたし、Fallout3廉価版もスルー予定だし、DSのウィザードリィもスルー予定。
俺…この戦いが終わったらWiiとベアラー買うんだ…。

あとWii買ったらドラキュラ伝説ReBirth買おう。
なん実での実況見てたら面白そうだったからやってみたいわ。
関連記事

ギガっち!

ギガっち!
giga1

ギガっち!
giga2

ギガっち!
giga3

ギガっち!
giga4

ギガっち!
giga5

ギガっち!


おっと失敬。
ギガっちが予想以上にかわいかった。
大事にしたい。

中身はひだまりラジオ365とひだま~ぶるラジオ無印と365。
多分公式鯖にあるものと同じじゃないかと思います。
ちなみにギガっちの容量は1GBです。ギガっちだけに。

本編の感想はまた今度。
関連記事

今週のサンデー

週刊少年サンデー48号の感想です。
表紙のAKBの顔がガチで全部一緒に見える。
自分はもう完全におっさん化してしまったようだ。

・神のみぞ知るセカイ
意外と珍しいハーレム回。
まるで最近の萌えアニメのようだ!
もうみんなかわいくて生きるのがつらい。
そんな中ノーラさん再登場。また厄介なことに巻き込まれそうですね。
一応イタ回ということらしいから、あまりシリアスな話にはならないだろうけど…。
つか、ということはハクアは地区長クビなん?どんどんヘタレていくwwwwだがそこがいい。
とりあえず神の夏休み\(^o^)/オワタ。
しかしインターバル回の方が全体的に面白いってどうなんだwww

・金剛番長
何やら新手の白番長軍団が暴れまわっております。
金剛兄貴は巨大化するし、日本まじ終わったな。
「兄貴が…でかく!!?」「そう…でかく!!」
でっかくなっちゃったんなら仕方ない…いやいやなんだそのやり取りはwww
いよいよ兄貴とガチバトルな展開になってきたが、決着までにはもう一個くらいイベントはさむかもしれないね。
願わくば、バンカラタワーがこの作品のラストダンジョンとならないよう。
アニメ化してDVDが1万弱くらい売れる程度の作品になるまでは…!!
そんで最後の方の仲間大集合のコマにちゃっかり恐竜や射撃、棘門番長がいるわけだがwww
何自然な流れで仲間になろうとしてんだよwww
彼らに活躍の場が与えられる日は来るのだろうか…それは誰にも分からない。

・マギ
レイポウイベントは無事終了したようで。
血気盛んなだけかと思ったが、ちゃんと冷静さも持っているんだな。
これで万事平和的に解決なるか…もちろんそんなことはありません。
ババアが!ババアがやられた!!
これは大惨事の予感!
wktkが止まりません。

・ハヤテのごとく!
何このバトル漫画www
まあイチャイチャしてるだけよりはこっちの方が楽しい。

・Tomorrows
真面目な話なのに主人公のこの服装のせいでなんか台無しだwww

・はじめてのあく
みのりん…誰だっけみのりん…。
そういう反応が欲しかった。いや覚えてるけど。

来週からまた新しいのが始まる。
題材的には面白そうなんだけどね。
デスノートみたいな絵の人の漫画だろ?不安の方がでかいな…。
でもこの予告の絵は全然デスノートっぽくないな。
こんな絵柄だったっけな。全然覚えてない。
関連記事

ヘッドセットが欲しい

まあタイトルどおりのお話。
やっぱりトークバック防止にはヘッドセットが一番便利なのかもしれない。
USBのものを買おうと思う。
この場合はマイク扱いになるのかな。
サウンドカードのマイク端子をライン入力代わりに使っている現状だからな。
ゲームの音とマイクの音、音量が同時に代わってしまうようだとちょっと使いづらいだろうな。
まあラインインが使えるようになるのが一番いいんだけどね。
新しいマザーボードなりサウンドカードなり買うのはちょっと簡便。
そんなんするくらいならPC買い換える勢い。

関係ないけど、そういえば明日はひだまりスケッチ365特別編の発売日です。
ソフマップは当日届けてくれるのだろうか。まあ遅れても特に問題ないけど。
すげえ楽しみだ。
関連記事

ポートの開放に成功

友人に向けてゲームプレイの様子を配信したくて四苦八苦中。
モデムを初期化して、無事アクセスできるようになりネットにもつながり、ポート開放の設定も終了。
配信テストも完了。なんとか成功したみたいです。
これでWMEとスカイプを組み合わせた遊びの準備が整った。

しかし困ったことに、今は手元にやりたいゲームがない。
いやコードブレイカーはあるけど、あれをやるのはもうちょい先にしたいし、友達に見せても反応微妙だろうし、配信プレイには使いたくないな。
これはもうやっぱりWiiを買うしか…。

それから昨日も書いたスティッカム。これはなかなか便利そうだ。
なにせWMEがいらない。
SCFH DSFさえあれば映像配信可能だし。これならCPUへの負荷も抑えられそうだな。
つかカメラの登録でキャプボが選べたんだけど、キャプボさえあればもしかしたらSCFH DSFさえ必要ないのかもしれない。
PS2のDQ5をやってたら、何故か途中から画面真っ暗になったけど。

配信は全体に向けてではなく友人限定にしたいので、まずは友人に会員登録させなければいけないな。
友人の中にはPCスペック低いやつもいるんだけど、あそこ大丈夫だろうか。ニコニコでもカクカクするんだけど。
スティッカムの画面が小さいのが救いだろうか。利点でもあり難点でもあり。
そいつPC詳しくないから、マイクの設定の仕方も指示しないとダメだろうし。でもマイクの設定の仕方は俺も分からないんだよな。
それからトークバックを防ぐにはどういう設定をしていけばいいものやら。
今後も試行錯誤していくか。
関連記事

配信ゲームプレイ

ちょっと内輪向けにゲームプレイ動画の配信でもやってみたい。
まあやり方は以前も何度か紹介したVIPで初心者がゲーム実況するには@Wikiに詳しく書かれているんだが。
途中までは順調に行ってたんだけど、ポートの開放ができなくて四苦八苦。
そして、もしかしたら二重ルータになってるんじゃないかって結論に行き着いた。
モデムの型番調べてみたら、しっかりルータ機能ついてたし。恐らくこいつが原因だろう。
こんなん調べでもしなかったら全然気づかなかったよ…。
モデムにアクセスするためのパスワードが分からないので、後日初期化を試みることにします。
これでネット復活しなかったらどうしよう…業者呼ぶのっていくらかかるんだろ。

もう一個問題といえば、SCFHが意味ない感じだった。
取り込む領域が、試行錯誤してみたもののWMEで指定した方の領域になっちゃってたし。
あとでSCFH DSFを試してみるかな。

それから、ゲームのキャプチャソフトには「ふぬああ」なり「WinDVR」なりを使うつもりだが、
こいつらオーバーレイ切らないと真っ暗になるってことが分かった。
オーバーレイの解除自体は、WMPなりGOMなりに予め動画を読み込ませておけば簡単にできるけど。
ここはアマレココのオーバーレイロック機能を使う。
ちなみにデジ造付属の「ShowBiz」ではオーバーレイ解除の必要がなかった。まあ画面小さいから使わないけど。

友人とはスカイプでコミュニケーション取れそうだけど、
自分はPCのマイク入力端子をゲームに使っているので、ゲームしながら会話することはできそうもない。
それは仕方ないとして。いやUSBのヘッドセットか何か買えば会話できるかな?試す価値はあるかも…。
いや、それよりも問題なのは、
スカイプ起動→アマレココでオーバーレイ解除→WME起動→SCFH起動→ふぬあああ起動→ゲーム開始→エンコ開始
って…何が言いたいかっていうと、要するに超めんどくせえ。
つか何個も何個もプログラムを動かすとシングルコアのCPUが持ちませんがな。

もっと楽にできる方法はないだろうかね。
Peercastやらスティッカムやらも使えそうだと思ったが、ピアキャスはちょっと調べた限りなんか違うな。
大多数に配信するためのものみたいだし。
スティッカムはどうなんだろう。よくpixivの絵師が生放送に使ってるっぽいんだが。これも似たようなものなんだろうか。
関連記事

イィィィイヤッホォォォウ!

まあとりあえずTGSのトレーラーでも。


FFCCクリスタルベアラーがかなり気になる。
最初は初代FFCCともDSのFFCCとも雰囲気が違うし、「またイケメンの活躍するゲームか」と敬遠していたわけだが。
PVとか見てるうちに考えを改めた。
このゲームはきっとレイルさんがイヤッホウするためのゲームだ、と。
村人を転がして小銭を奪い取るレイルさんまじパネエっすwwwwwww

周囲の物を引き寄せてぶつけたりするとか、若干の聖剣4臭はするものの、
自由度高そうだし主人公のテンション高いし、かなり楽しみでもある。
これのためだけにWiiを買ってしまいそうな勢い。
だが一応発売後しばらく様子見てから買いたい。いかに河津神といえどハズレがないわけでもないからな。

そういえば、自分の環境でWiiをやろうとすると、ちょっと面倒そうなんだよな。
モニタにD端子があればよかったんだが、今のモニタH243HbmidにはWiiを直接繫げないからな。
キャプボに繋ぐか、D端子をVGAに変換するケーブルを使うか、ちょっと悩みどころ。
本体とゲームと、あれこれ周辺機器をそろえようとすると、計3万近くかかるんだよなあ。
ポンと出すのは躊躇われる金額だ。
関連記事

ジパング42巻

コンビニに置いてあったから買ってきた。
休載してたのか。単行本のペース変わらないように思えたが。

長く続いた大和を巡る攻防にもついに終止符が。
大和\(^o^)/オワタ
草加\(^o^)/オワタ
そしてとうとう「みらい」\(^o^)/オワタ
あーもうびっくりだよ。
ボロボロになりながらもここまで頑張ってきた船だが、とうとう沈んでしまったか…。

みらいが沈んだってことは、やっぱりもう終わりなのかな、と思ったら、
巻末の広告では次で最終巻だって。道理でいろいろ衝撃的だったわけだ。

さて角松達はどうなるのか、戦後はどうなるのか…結末が楽しみだ。
43巻分というと約8~9年か。アニメやってた頃は、こんなに続くとも思ってなかったな。
アニメでの、みらいが魚雷をかわすシーンが丁寧に描かれてるのを見てなんか妙に感動して、その流れでいつの間にか単行本を買い始めたわけだが。
漢達の熱いドラマには何度も心打たれたわ。

アニメは満州前に終わってしまったが、2期やってほしいなあ。
まあ2期やったところでまた中途半端なところで終わるだろうけど。佐竹あぼんあたりか。
あの丁寧なペースでアニメやったら完結するまで何年かかるか分からない。
確か2クールやって6、7巻までだったものな。
なんかうまいこと4クールくらいにまとめてアニメやって欲しいな。1クールにつき10巻強…ムリダナ。


さて今日はふたつのスピカ最終巻も発売だったはず。
コンビニでは見かけなかったので明日か明後日にでも本屋行ってくるか。
関連記事

通販で

福袋を買ってみました。2つほど。
中身は服に関するものです。スーツとかではなくカジュアルな。
それの今着る秋もの~初冬ものに関するもの、のはず。

届いたら写真でもうpりたい。
以前別のお店で買った夏物の福袋は、5点入っているうち4点が当たりだった。
これは運がいい方だろう…。
今度はどうなるか、ひやひやものです。かなり運任せ。

しかも自分は太めの体型なので、だいたいのものはキツめになるという。
…やせる努力もしないとなあ。
関連記事

今週のサンデー

週刊少年サンデー47号の感想です。

・神のみぞ知るセカイ
スミレ編の最終回。
なんとも微妙な感じの今シリーズだけど、終わり方はとても綺麗。
月夜編といい、本編がなんか微妙なときに限ってエンディングはすっきりしているな。
話自体は、父と娘と気持ちが通じ合えてよかったNE!というシンプルなイイハナシ。
今回はむしろスミレというより親父を落としたようなもんだな。もはや神には歳も性別も関係ないということか。
神の営業スマイルもここまでだ。「ボクも食べに来るよ」のコマが何か切ねえな。
さて次はイタ回らしい。今度は一体何をやらかしてくれるのか、楽しみです。

・金剛番長
おれはしょうきにもどった!(AA略
改造番長編終了。
一つの戦いが終わり、また新たな戦いが。ってとこ。
改造番長仲間化フラグ立ったな。
まあ爆熱でさえご覧の有様なのに、フラグが立ったところで改造番長ごときに再び活躍の場が与えられるとも思えないが。
能力的にも明らかに敵だものなあ。せいぜい陰で便利なアイテムを開発する人くらいか。
しかし居合番長もぼっちだったんだな…むしろどうやって唐鰤を仲間に出来たのか知りたいわwww
さて兄貴が親父を倒してしまったことで日本も大混乱です。
暗黒生徒会の権力により、農林水産大臣は農林水産番長と名前を変えます。すごい社会だwww
兄貴との対決も近いのかもしれない。破壊番長を倒してしまった以上、これ以上のでかいイベントもなさそうな気はするが…どうなるかね。
しかし今回一番の衝撃は恐竜番長と棘門番長に台詞があったことだな。よかったね二人とも…。

・マギ
これがメインキャラならレイポウされちゃう同人誌がいっぱい出るレベルですね。
お姫様はいい人っぽいんだけどやっぱり部下は最悪ですね。
一応救助は間に合ったぽいけど、ドルジとかどう見れも冷静な感じじゃあないし。
来週までの間に一人二人は殺ってる勢いだね。間違いないね。
あるいは「動けばこいつの命がない」的な展開で死ぬね。
こうなってしまったらもう戦争も避けられまい。
お姫様の意思とは関係ないとはいえ、責任は取らなければならんし。カオスなことになる予感。
それにしても、この漫画の悪役は気持ちいいくらいに悪党なのがいい。

・ハヤテのごとく!
バトル漫画はじまた!
むしろこういうのの方が面白い。
しかし伊澄はともかく咲夜は役立たずな気がするんだけど。

・はじめてのあく
最近は乙型プッシュですね。
実に自然な緊縛シーンだ。

・Tomorrows
主人公の服装があと一歩でバーロー。ぎりぎり。


何気なくアンケート見たら、またジャンプのこと聞いてるのな。
何度目だよジャンプwwwいいのかこういうのwww
関連記事

昨日漫画買ってきた

さて昨日神汁の6巻と一緒に買ってきたものが二つ。
サンデー誌上でも宣伝出てたけど、『夏草ホームベース』と『紅の騎士ロックウェル』ってやつ。
二つともクラブサンデーの漫画かな?あれにはあまり興味ないからあまり知らない。
ただこの2つはサンデー誌上での4コマを見てなんとなく気になったので買ってみた。

・夏草ホームベース
太眉の子が反則的にかわいい。
彼女の名前は綿貫操。のごろーくんも真っ青の150kmのストレートを持つピッチャーだ。
だがしかし、1巻のうち野球をするのは1話だけ。主人公や操のやる気はさて置いてぬるぬる進んでいく感じです。
そんでさり気なくフラグ立ててるし。そんな暇があるなら部員集めの一つでも…。
絵柄は一昔前のガンガンあたりの風味。なんか微妙に古さを感じる。
これはこれで作品の雰囲気には合ってるっぽいけど。古き良き、ってとこだろうか。
とにかくぬるぬるしているので、操がなんで野球部に入ったのかとか、何で野球がしたいのかとか、
まだ何も分かりません。もやっとしてます。
ラブコメするのはいいとして、主人公も操も野球したがってるんだから、もっと普通に野球やらせてあげればいいのに、なんて思った。思ってしまいましたよ。
まあ最後にメンバー二人増えたことだし、これからなのかな。

・紅の騎士ロックウェル
とても真っ直ぐで熱い少年漫画で、そういう部分はいいと思う。
だけど、王道と言えば聞こえはいいが、その実「ありきたりなシナリオをありきたりに消化している」というそんな感じ。
当たり前のように小悪党が出てきて、当たり前のようにモンスターが出てきて、当たり前のようにじじいが死んで…。
あと一歩心に響かない。
これがゲームなら、ゲーム部分が面白ければシナリオはこれでも許されるんだろうけれども、漫画となるともうちょい突き抜けた部分が欲しいところだな。
ジャンプだったら10週突き抜けコース確定ものだろうけど、安易な萌えに頼らないその姿勢や良し。
キャラデザとかも悪くないと思う。

2つとも、なんか惜しい、あと一歩って感じ。
サンデーとクラブサンデーとあれば、クラブサンデーが2軍の集まりという認識を持ってしまうのはある意味当然と言えなくもない。
残念ながらこの2冊はその先入観を払拭するには足らなかったな。
まあサンデーにはこの2つの漫画よりもっとどうしようもないのがいっぱいあるけどさ。
とりあえず2巻までは買ってみようかしらね。化けそうな雰囲気はあるし。
関連記事

神汁6巻買ってきた

神のみぞ知るセカイの6巻を買ってきました。
収録内容は雪枝編~みなみ編、かみおん!編とノーラさん登場回。
めまぐるしく変化しております。

雪枝編はいつもの攻略とはちょっと違う感じだから、今回の攻略対象は実質みなみ一人。
みなみ編は雰囲気はいいんだけど、やっぱりもう一押し足らないな。
攻略最終話のときによく感じるもやもや感がある。「…で?」っていう。
まあいつも言いたいことは分かるんだけど、キメの台詞がなんか唐突なんだよなあ。
みなみ編はもう1話あれば神回になれたかもしれないのに、残念だ。

かみおん編はけいおんの影響でバンドを始めたヲタ達の話。ではありません。
ちひろ達が練習場所を確保するために四苦八苦する話。
ある意味今までの集大成と言えないこともない。
作者の体験談も盛り込まれてたりする。あのときのブログは実に興味深い内容だった。
女の子達がキャッキャしながら部活やるなんて、ほんと二次元だけの特権だよね。
神汁が終わったらバンド漫画でも描くといいよ。そして京アニにアニメ化してもらえばいいよ。
そういえば今作中の季節は夏真っ盛りだけど、秋の文化祭イベントで彼女らのバンドは再登場できるのだろうか。
エクセルで日付管理してる火田くんと違って、たみーはその頃になれば素で忘れてそうな気がしないでもない。

そしてノーラさん。
ノーラさんはハクアみたいにあっという間にへたれるわけでもなく、7巻では過去最大の脅威として神の前に立ちはだかります。
単行本派はお楽しみに。いわゆる攻略回ではないけどね。

そういえば10年前の駆け魂大脱走って、その後結局うやむやになったまま次のシリーズ行っちゃった気がする。
再びちゃんと語られる日は来るのだろうか。
関連記事

漫画買ってきた

金剛番長8巻と、神のみぞ知るセカイ6巻を買いに出かけたわけだが、
神汁6巻が売ってなかったので番長だけ買ってきた。
ついでにとある科学の超電磁砲の漫画をうっかりしそうになったけど、
ヴィンランドサガの8巻を見かけたため踏みとどまれた。
予算があればビリビリとあとGAを3巻まで一気に買ってしまいそうな勢い。

そんなわけで金剛番長の8巻だが、
白学ラン最初の視覚、噛噛番長から霧厳台登場まで。
偽装番長戦では念仏が久々にかっこいい。なんか念仏番長が一番人間味あって好きだわ。色物キャラのくせに。
今巻の対戦相手には日本番長の名もあるが、直接戦ったりはしません。兄貴と戦ったら漫画終わっちゃうからね。
巻末にはいつものようにおまけの番長データが。あとおまけ漫画がついてます。
海原番長の舎弟のマカジキは海原番長にいやいや従っています。まあ逆らえば食われるだろうしな。
自然界は弱肉強食だものね。仕方ないね。

9巻では霧厳台での戦いから、封印されしあいつが出てくるか出てこないかあたりまで収録だろうか。

ヴィンランドサガ8巻ではアシェラッドが大変なことに…。
いやもう帯で盛大にネタバレされたし。「アシェラッド死す」とか…。
帯でネタバレとかもうちょい考えた方がいい。
ジパングの何巻かで佐竹が明らかに死ぬぽい表情で表紙にいたことを思い出した。思い出してしまいましたよ。
まあアシェラッドの策略で無事クヌートがイングランドの王となったわけだが、一方のトルフィンはイングランドからつまみ出されて奴隷になりましたとさ。
そこで新たな出会い。どうなるんでしょうねこれから。

神汁はまた明日探してこようかな。
あと今月は確かふたつのスピカの最終巻も出るはず。
あの感動の超大作がとうとう完結か…。すばらしい青春をありがとう。
スピカは学校とかに全巻置いてもおかしくないレベル。むしろ置くべき。
関連記事

MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSP

昨日NHKでMUSIC JAPAN 新世紀アニソンSPなんてものをやってたけど、
その実況中に誰かがこんなのを貼ってた。
http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0039201/index.html
MUSIC JAPAN 新世紀アニソンSPの申し込みだそうだ。
11月12日(木)にまたやるらしい。
平日だが開始が夜だから仕事を早く切り上げられた社会人オタでも参加はできるだろう。

昨日のTV放送でのhimekaの生歌に感動してうっかり申し込んでしまった。
倍率どんくらいになるのか分からんけど当たるといいな。
関連記事

おいィ?

しゅごキャラじおの更新どうなってんだよ。
そろそろリニューアルについての告知してくれてもいいんじゃあないか?
あそこはHPもブログの方にも今一つやる気を感じられない。
あるいは、もしかしたら何やらいろいろ揉めてる真っ最中なのかもしれない。

とりあえずラジオに実写のお子様たちがしゃしゃり出てきたら絶対に許さない絶対にだ。
ハロプロの宣伝番組にだけはならないでほしい。
関連記事

今週のサンデー

週刊少年サンデー46号の感想です。

・神のみぞ知るセカイ
スミレ攻略の3回目。
心の隙間の原因が垣間見られる回ですた。
父と娘の間で神はどう動くのか、次回エンディングぽい。やっぱり4話構成だったか。
あまり恋愛モノ的要素は見られないけど、スミレはいつの間にやらもう完全に惚れてるね。
体型変わるほど食い続けた甲斐があったってもんだな。
メガネでピザなキモオタ神…イヤすぎるwww

・金剛番長
卑怯VS居合戦の続き。
さすが居合は格が違った。なんか毎回そんなこと書いてる気がする。
だがそんな居合も、卑怯の捨て身の行動で正気を取り戻す。
上手いこと優劣を付けずに終わらせた感じ。これはこれで良きライバルですね。
しかし居合は倒れてもまだ改造番長が残ってる。このままでは二人ともフルボッコだ!
でも大丈夫、彼らにはガッチリ系学ラン天使(エンジェル)がついている!
…なんだよこのアオリwww今に始まったことじゃねーけどさwww
つーか金剛でかすぎだろwww片手に人一人すっぽり納まるってどんなだwww

・マギ
新手のヒロイン的キャラが!
姫さんはいいやつだけど部下が最悪パターンだな。
そんなすばらしい部下のおかげで戦争のきっかけを得ました。
ここからが本当の地獄だ…。
しかしこの漫画は何というか表情がいいな。

・Tomorrows
1話よりは見られるようになった。が、もう一押し足りないな。
なんつーか能力バトルの類似品の域を出ないっていうか。
面白くなるかどうかの鍵は3人目の仲間が握っている、そんな気はする。
テンポがいいのは良いところ。

・はじめてのあく
だからキョーコロボを俺にください。


神汁と番長の単行本は16日。もうすぐ出ます。

あとコンビニでゲッサンのWaltzを立ち読みできたのでここでついでに感想でも。

・Waltz
めぐみタン節が炸裂しまくり。
本誌以上にやりたい放題だ!
主人公のセミにスポットを当てているが、作品のタイトル的にグラスホッパーがベースだろうから鯨や蜂、あるいは鈴木あたりも出てくる可能性はあるな。
1話では岩西との出会い。
衝動的にいざこざを起こしてしまった蝉に対して、プロとしてのマネジメントを申し出る。
岩西の真意は測りかねるけど、彼は彼なりに業界でのし上がりたいのかもしれないな。
原作でも魔王でも今ひとついいとこなかったが彼は良キャラ。
もしかしたら原作ですら語られなかった部分も、より掘り下げてくれるのかもしれない。
すげえ楽しみだ。

月刊誌は毎回立ち読みできるか分からないし、そもそも発売日を忘れるので全話立ち読みできる自信がない。
単行本出たら買おう。
単行本の話ついでに、クラブサンデーの宣伝4コマで「夏草ホームベース」と「紅の騎士ロックウェル」ってのが気になった。
機会があれば読んでみるかね。
関連記事

キャプボにゲームを繋ぐ その4

PS2用のS端子と、デジ造(PCA-DAV2)が届きました。
使用感なんかも書いていきたいけど、とりあえず参考画像として静止画をキャプってみたので比較してみる。

まずはコンポジとS端子の比較から。
キャプボはデジ造ではなく今までのPC-MV3S/PCIを使ってます。
余談だけど、キャプ画像はCMYKモードになってて、このままブログにうpったら色が変になってしまった。
うpるときはRGBモードにしないと駄目なんだなあ。

WinDVRでの映像。
まずはコンポジ。
cap_dvr_C

S端子。
cap_dvr_S

次はふぬあああでの映像。
コンポジ。
cap_hna_C

S端子。
cap_hna_S


お分かり頂けただろうか…。
WinDVRにしろふぬあああにしろ、S端子に変えただけでこうも違うとは驚きだ。
画質については及第点を与えられるレベル。
それからWinDVRよりもふぬあああの方がなんか綺麗だってのは分かるかな。
設定の問題なのかもしれないけど、ふぬあああの方が画質いいみたいね。

S端子にしたおかげか、波打つ感じのちらつきは大分軽減されてます。ただゼロではない。

次はPC-MV3S/PCIとPCA-DAV2の比較。
ふぬあああのS端子入力で比較します。

PCA-DAV2での画像。
cap_pca_S

続いてPC-MV3Sでの画像。上のふぬあああS端子と同じやつ。
cap_hna_S

お分かり頂けただろうか…。
どうもわざわざ買ったデジ造よりも、今まで使ってた古いキャプボの方が映りはいいっぽい。
若干ではあるがMV3Sの方が色が綺麗な気がする。
デジ造だとコンポジ接続のときみたいな波打つ感じのちらつきがあったし。

ただ、以前のキャプボではS端子にしても解消されなかった「明るいとこの横方向の黒い縞模様」が、
デジ造では発生しなかった。
これちらつき以上に気になってたから、結構でかいんだよな。
まあそのために3500円近く払うのは値段相応かと言われれば悩みどころだが。
ちなみに心配していた遅延は感じませんでした。

せっかくわざわざ買ったってこともあるし、これからはPCA-DAV2にS端子入力、ふぬあああに映像を映し、PCのマイク入力に音声を通すことにしよう。
ちょっとややこしいことしてるけど、なんで音声をわざわざマイク入力するのかというと、デジ造に赤白の端子を繋いでも、ふぬあああでもWinDVRでも音声が鳴らない上に録音できないから。
その辺のことは、例によって
VIPで初心者がゲーム実況するには@wikiふぬあああの使い方で簡単に説明されています。
PCのライン入力に音声を通さないといけないんだけど、いろいろあってマイPCはラインインが死んでいるという結論に落ち着いたので、代わりにマイク入力を使っているのです。

まあデジ造付属のキャプチャソフト『ShowBiz』を使えば音声もろともキャプれるんだけど。
ただこれ本来はビデオ取り込みのためのソフトでしかないから、ものすごく小さいんだよね、プレビュー画面が。
だからゲームをやるには向かないっていう。
その代わり録画性能はなかなか。画質も悪くなくマイPCの性能でもコマ落ちしないっていう。
(ちなみにCPUはPen4の2.4GHz。当然シングルコア。)
ふぬあああでは録画時にコマ落ちが激しく、WinDVRでは画質が微妙に残念だったりするので、少なくとも自分の環境ではShowBizの録画機能は侮れない。
これで画面を拡大できれば言うことなかったのに。ほんと一長一短あるなあ。

参考動画も幾つか撮ったので、そのときにまたマイPCの簡単なスペックも晒そうと思います。
ただ動画はエンコしたものをFC2動画にうpる際にまたエンコするからなあ。
逆に分かりづらくなる可能性がある。


さて最後にあざとくアフィでも貼っておくか。
まずS端子。

コストパフォーマンスに優れる。
PS2のゲームをキャプりたいけどなんか画面がぼやけてるからS端子でも試してみるかって人は是非。
まあD端子があるならそっちの方がいいだろうけど、コンポジ→S端子にするだけでも大分違います。
地味にPSやPS3にも対応してるっぽい。

そんでデジ造。

今キャプボを持っている人は、わざわざ新しく買う必要なし。
キャプボを持ってなくて、PC経由でPS2のゲームがしたいorキャプチャしたい、って場合にはアップスキャン買うよりは安くていいかも。
ゲーム目的の場合は、付属のソフトではなくふぬあああ等のフリーソフトを使って遊ぶことをお勧めします。
あとこれ製品仕様のところに「最大フレーム数:29.97fps」って書いてあるので、60fps以上でぬるぬる動くゲームの取り込みにはきっと向かない。

あくまで値段相応だという覚悟が必要だな。
関連記事

WMPでDVDの音声が鳴らなくなった

せっかくもえたんをレンタルしてきたというのに、だ。
映像はちゃんと映るんだが、音声が鳴らない。
最初はDVDソフト側の不備かと思ったが、別のソフトをWMPで再生してみてもやはり鳴らない。
本来WMPはDVDを見るためのものではない、ということは分かっているが、
以前まで、というか2,3日前までは普通にDVDを見られていたし音も鳴っていたので、気になって仕方ない。
再起動したら直るってことも往々にしてあるので再起動をしてみたが解決はしない。

ついこの間までは音が鳴っていたから、鳴らなくなった原因はある程度絞られる。
ここ数日にやったことといえば、PS2をPCに繋ぐためにキャプボやソフトを入れたこと。
つまりほぼ確実に、ビデオキャプチャを導入したり、ふぬあああ等のキャプチャソフトを導入したせい、
あるいは、新たにhufyuvコーデックを入れたり、インターレース解除のときにffdshowを入れ直しちゃったせい。
PC経由でPS2を遊ぶことに気を取られ、いつのまにかオーディオコーデックの設定が変わってしまったんだろう。

しかし自由自在にコーデックの設定を変更できるほど自分に知識はないので、新たな解決策を探す。
するとAC3Filterというものをインストールすることで改善されたケースがあることを知る。
さっそくDLして入れてみたら、ちゃんと音が鳴るようになりました。

タスクバーの右端にある通知領域?にアイコンが表示されるのが気に入らないが…。
オーディオコーデックの設定、以前のものに直せればいいんだけどね。やり方がよく分からん。
今はこれで妥協する。
関連記事

キャプボにゲームを繋ぐ その3

前回までのあらすじ。
PC-MV3S/PCIにPS2を繋いだら映ったけど画質に難アリだったよ。

今回はWinDVRからふぬあああに乗り換える。
まずはふぬあああのインスコ。
インスコのやり方、設定の仕方はVIPで初心者がゲーム実況するには@wikiふぬあああの使い方という項目に詳しく書かれています。
これに従い設定を終える。
Huffyuvのインストールだけすっ飛ばしたので、コーデックはffdshowを使います。

さっそくPS2の電源を入れる。
まず感じたのが、WinDVRよりもふぬあああの方が色合いがいい。
WInDVRはなんか色が薄かった感じ。結果的にふぬあああの方が綺麗に見える。
だがちらつきや黒い縞は相変わらず。
試しにコーデックをXvidに変えてみた。
そしたら何故かちらつきが若干改善された。
こういうのは録画のみ反映されるものだと思うのだが、何故かプレビューでも変化が。なんか他にも設定いじったのかもしれない。
改善されたと言っても相変わらず気になるが、なんかもう既に慣れてきた。
ただ明るさに差があるときの横縞は相変わらず。これは諦めた方がいいのかな。

映像はふぬあああの方が若干綺麗なのだが、録画時にコマ落ちが激しい。
録画にはWinDVRを使う方がよさそうだ。

それからもう一個。ふぬあああでは動きが激しいときに縞模様が気になる。
調べてみたところデインターレースフィルターとやらを使えば改善される可能性があるらしい。
ただデインターレースの具体的な使い方は分からないので、先ほどのふぬあああの使い方のページの下のほうにある、ffdshowを使ったインターレースの解除を試してみる。
そしたら縞模様は改善されたが、今度は文字が潰れるようになった。
潰れるというか、黒い縁取りの部分が文字部分にしゃしゃり出てくる感じ…かな。
うーん、一進一退だな。まあ読めなくなるほどでもないからここらで妥協しよう。

最後に先程スキップしたHuffyuvを入れてみる。が、特に画質がよくなったわけでもなし。
まあ可逆圧縮のメリットはでかいらしいからこのまま使ってみよう。

と、ここまで書いてきたが、やはり画像がないと比較しづらいな。
気が向いたら参考画像でも撮ってうpろうかと思います。
ただ試しに撮ってみたところ、静止画だとちらつきや黒い縞は分かりづらいんだよなあ。

あとコンポジット接続だと画質は根本的に悪いということなので、PS2用のS端子ケーブルを通販で注文しました。
ついでにデジ造 Vista対応版(PCA-DAV2) というのも注文してみた。USB接続のキャプボです。
USBってことで遅延が気になるけど、古いキャプボよりは性能いいかもしれない。
届いたらまたレポ書きます。


デジ造の実に自然なアフィ。

関連記事
プロフィール

oisu-

Author:oisu-
趣味はゲームと深夜アニメ実況。
絵を描いたりFlashゲーを作ったりもするけど、一つのことにのめり込むと他のことがおざなりになるので結局あまり成果が出ない。その上根気が続かないのですぐ飽きる人。

pixivb

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー

XBOX360用ダンジョンRPG『円卓の生徒』を全力で支援中!
Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    広告
    円卓の生徒応援バナー


    ここからアフィ注意
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。