ご案内

迷宮クロスブラッド応援バナー
XTH最新作『迷宮クロスブラッド』を全力で支援。体験版もあるよ。

benri-navi by myhurt

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate その21

クリスを見殺しにして、まゆりを助ける選択をしたオカリン。
クリスとはラジ館でそのまま別れて、一人ラボに戻る。
覚悟は決めた。ダルには翌17日の昼に作戦を結構するというメールを送った。
一方でクリスからはメールが来ていた。ここでお別れか、クリス…。さらば正統派ツンデレ…。

一人ラボに残っていると、まゆりが現れた。
自分はオカリンの重荷になりたくない、ということで、とうとうまゆりに全てを打ち明ける。
鳳凰院凶真として全てを語るオカリンが、とても痛々しい。
厨二病的な意味で痛いのではなく、とても物悲しい。
だが、これもオカリンなりの配慮なんだろう。
あるいは、クリスを犠牲にするという覚悟が揺るがないように、自分自身に言い聞かせているのかもしれないな。

まゆりがクリスと会いたいというので、連絡を取る。
待ち合わせの時間は早朝4時半。なんでそんな時間なのか、その理由はすぐ分かる。
アメリカに帰る準備をすっかり整えて現れるクリス。本当にこれでお別れなんだな。
まゆりに「幸せになりなさい」と約束し、後を追おうとするまゆりを突き離し、クリスは去っていく。
こちらも、いよいよ後には戻れない。

17日、オペレーション・ベルダンディ最終フェイズ決行のときがきた。
つかずっと疑問だったんだけど、メール消すのはいいとして、今この時間に消してもいいの?
既にSERNの目に入ってたら意味ないんじゃないの?
少なくとも萌郁に接触される前に消さないとダメなんじゃ?

まあしかしこんだけ盛り上げておいて「世界線変わりませんでした!」じゃクリスも浮かばれない…いやまだ死んでないけど。

スーパーハカーの手腕で、あとはエンターキーを押すだけとなった。
この最後の儀式はオカリンに譲るというダル。さすがダル、イケメンすぎだろ…。
このキーを押せば、今までの全てがなかったことになる。世界線は代わり、望む未来が手に入る。
高らかに宣言し、エンターキーを押す。

リーディングシュナイター発動。
世界線は…1.1~%…!
1%超えキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!

「ラボメン004は誰だっけ?」
「ラボメンは3人しかいないよ」
…(´;ω;`)ブワッ

クリスティーナはいなくなったけど、まゆりは死なないし、SERNに目をつけられることもない。
これこそが自分が望んだ未来なんだ。
まゆしぃルート、完。
さすがメイン級のヒロインだけあって、エンドロール後もちょっとだけ続く。
というかこのまま終わりだとあまりにもあっけなさすぎるものな。

まゆしぃは、別の世界線のことやクリスのことがほんの少しだけ記憶に残っている。
クリスは死んでも、「幸せになりなさい」という約束は世界線が変わっても生きている。
クリスティーナは神。
これでまゆしぃルートはお終い。
完璧な未来なんて手に入らないとはオカリン自身の言葉だが、なんとも切ねえ話だ。

しかし、まだ解決していな部分は幾つかあるよね。
この世界線では、ジョンタイターは2000年に現れて第三次世界大戦を止めようとしてたんだっけか?
そのジョンが誰なのか分からんし、
ラジ館にめり込まなかったけど屋上には現れたタイムマシンについては完全シカトだし、
そもそもクリスティーナを殺したのは誰なのか…。いやこれはなんとなく察しがつく。
クリスがいなければタイムマシンは完成しないということは、殺すのは鈴羽か、あるいはオカリンしかあり得ない気がする。
あとは、そうだな、10年前、即ち2000年にオカリンが高熱を出したという話。
まゆしぃ絡みの話だから、てっきりまゆしぃルートで語られるのかと思いきや、何も言及されなかったし。
そのとき明らかに物語の核心に迫る事件があったくせえのに。気になるなあ。

あとやっぱ、最初のDメールを消すタイミングだよ。今更SERNのデータベースから消したところで意味ない気がするんだけど。
最初の送信先である7月21日、あるいは最初に送信した28日とかに遡って消す、ならともかく、メールを今消しても過去が変わるわけじゃないものなあ
これから先目をつけられることがなくなる可能性はあるかもしれないが、過去が大幅に変わるとは思えないんだが…。
8月17日にデータベースからメールを消すことと、世界線が変わること。俺の中でどうしても結びつかないな。

つか世界線が変わった後にもアドレス帳に指圧師の名前あったんだけど。いいのかな。
まあ萌郁も「襲撃の決め手になったのはタイムマシンを公表するとか言ったから」って言ってたし、β世界線で平和に生きてれば襲撃されることはないんだろう…か。
でも、世界線が変わればクリスは死んでるから、タイムリープマシンは完成しないし回収されることもないか。
将来的にタイムマシンそのものは開発されるみたいだけど。
ラジ館屋上に鎮座してたはずだし、本物かどうかは分からないけど2000年にジョン・タイターもいたし。

そういやロト6のメールはキャンセルしてないな。あれはほっといてもいいのか。

やっぱいろいろと疑問は残る。というか納得いかない部分が幾つかある。
明らかに脚本の不備って部分もあるだろうけど、ものによってはまだ語られていないだけなのかもしれない。


さて、これであとはクリスルートと萌郁ルート、だと思ったら。
エンディング一覧のところ、まゆしぃルートは左側の一番下にあった。
む…まゆしぃがこの位置だと?あれ、萌郁は?
そう思って実績を見てみたら、「萌郁のエンディングを見る」なんて項目は存在しなかった。
…あれ?なかったっけ?
なんかすごい勘違いをしてたっぽい。
萌郁ルートのあたりでロードして電話に出なかったりメールに返信しなかったりしてたけど、なんだ萌郁ルートは存在しないのか。
なんと無駄な試行だったことか。

となると、あとはクリスと、いわゆる真エンドか。
しかし今からトゥルーエンドにたどり着ける気配はないな。
前、2ちゃんでシュタゲのスレを見たときに、「真エンドは偶然たどり着けるような代物じゃない」って書いてあった気がしたけど、なるほど、その通りのようだ。
まあ、誰かのルートをクリアしたら最初からやり直そうと思ってたし。これまでは本筋の横から個別ルートに分岐する、みたいな形だったから、とりあえず最後までやってみたけど。
クリスルートを見たら、また最初からやり直してみよう。
実績も回収しないといけないしな。

でもどこからクリスルートに入るんだろ。
関連記事
スポンサーサイト

Steins;Gate その20

紆余曲折あって、とうとうIBN5100がオカリンの手元に戻ってきた!
最初、何故オカリンがIBNをあっさり手に入れられたのか。
それはただのご都合主義でなく、鈴羽の執念の賜物だったと今ならわかる。
ありがとう鈴羽。

念願のIBNを手に入れただけあって、オカリンのテンションもいつになく高い。
13日、早速サー・スーパーハカー(ツンデレ)とクリスを叩き起し、セッティングを始める。
オペレーション・ベルダンディ開始だ!
…なんか懐かしいなこのノリ。このやり取り。
オカリンの心にも少し余裕が戻ったかな。

意気揚々として概要を語るオカリン。
だがそこで、もとの世界線に戻るということの、もう一つに意味に気づいてしまった。
そうだ、すっかり忘れてたよ。
あの世界線では、クリスは何者かに殺されてたんだった。

ここでチャプター10に入る。
サブタイが『――透明のスターダスト』。
何か見覚えあるよこのサブタイ。
そうだこれ、実績のとこに書いてあったやつだ。まゆりルートのエンディングのことじゃないか。
ということは、いよいよ最終章か…。というかもしかしてまゆしぃルート確定じゃねこれ?

最後の選択に苦悩するオカリン。
まゆりかクリス、どちらかを見殺しにしなければならない。
まゆりは何度も死んでいるし、クリスも、おそらくアトラクタフィールド理論に従えば死を回避できない。
…そのわりにフェイリスパパはほんとずいぶんあっさりと助かったものだね。
延々苦悩してるうちにタイムリミット、17日が来た。
まゆりが本当に死ぬのかを確かめるために、一日一緒に過ごしてみる。
コミマが終わってラボに帰り、ラボの前で周囲を警戒しているときに、ラウンダーの車らしきものが迫ってきて、
オカリンをかばって代わりにまゆりが轢かれて死んでしまう。
FBと萌郁は手を引いたとはいえ、やはりSERNはタイムマシンを諦めていなかったし、まゆりの死も回避はできない。

タイムリープして戻ったはいいものの、やはりどちらかを見殺しにはできないと延々悩み続ける。
その間、ラジ館屋上に現れたクリスに全部話たり、まゆりが別の世界線の記憶を夢として見ていたことが発覚したり、
もう一回ラジ館屋上でクリスが寝そべってたり。

そういやオカリン、「β世界線ではタイムマシンは現れなかった」って言ってるけど、現れたよね、しっかり屋上に。
めり込みこそしなかったものの、屋上に突然現れて、その後に中鉢の講演があった気が。
でもとにかく屋上に何か現れたはずなんだけど…。
あれは、なかったことになってるの?忘れてるの?

屋上で寝そべってたクリスと話そうとしたところ夕立があったので、屋内に退避。
助手、ソーイングセットとか持ってたの。準備がいいな。実験大好きっ子で家庭的とかまじ最高。
服の破れたところを直して貰ったり、ちょっとしたキャッキャしたイベントですわ。
しかしその裏で、やはりクリスとまゆり、どちらかの死を選択しなければならないわけで。
クリスに叱咤され、とうとうオカリンは決断をする。
クリスを見捨て、まゆりを助ける、と。

やばいもう涙腺がやばい。
今更だけど、今までのストーリーを見る限りでは、このゲームは感動とかそういう類の話ではないね、とにかく切ないね。悲しいね。
オカリンの執念にはちょっと感動するけど。
何にしても、やっぱりまゆりルート確定かこれ。
しかし、クリスルートにはどこで分岐するんだろう。
屋上にクリスが現れたとき、まゆりから電話かかってきたけど、あれを無視しろってことかな?
でも、とにかく今回はまゆりルートで行こう。ごめんねクリスティーナ。
関連記事
プロフィール

oisu-

Author:oisu-
趣味はゲームと深夜アニメ実況。
絵を描いたりFlashゲーを作ったりもするけど、一つのことにのめり込むと他のことがおざなりになるので結局あまり成果が出ない。その上根気が続かないのですぐ飽きる人。

pixivb

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー

XBOX360用ダンジョンRPG『円卓の生徒』を全力で支援中!
Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    広告
    円卓の生徒応援バナー


    ここからアフィ注意
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。