スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にflashを立ち上げた

パンプリに触れて以来、創作欲に微妙に火がついた者ですが。
3Dのゲームに興味があって、最近いろいろ調べているところです。
3DCGには前から興味があって、実はshade8.0basicも持っているんだけど…いやそういえばバージョンアップさせたから8.5になってたな。
でもshadeは使いこなせなくて困ってたんだよなあ。重いし。
とにかく何から手をつけていいのかも分からないので、まずはググることから始めようと最近調べてたことのまとめが以下。

3Dのゲームを作りたい。

flashでは限界がありそうだしDirectXに手を出してみよう。

DirectXはC++を理解していないと話にならない。当然理解なんかしていない。

しかもDirectXで読み込める3DデータはXファイル。
少なくとも手持ちのshadeにはそんな機能ついていない。

メタセコイアならフリー版でもXファイル出力可能。
プログラミングは無理でも3DCGだけでも練習しようと早速メタセコイアLEをDL。

やだ何これ超使いやすい。しかも軽い。shadeに挫折した俺でもこれなら頑張ればいけるかも。
よし、これでローポリキャラの練習をしよう、と思い立つ。

でもローポリキャラを作れたところで、ゲームに使えないと意味ないというかテンション下がるよな…と思ってさらに調べる。
するとflashでメタセコイアのmqoファイルを読み込める技があることが判明。

早速Papervision3DとMetasequoiaクラスを落とし、所定の場所に配置。
flashCS3を起動。使ってみる。

使い方が分からない。←今ここ

もしかしてCS3使ってる人って少ないのか?
そういえば、AS3を使うだけならflex3 SDKとFlashDevelopがあれば事足りるものなあ。
わざわざ高いCS3だのCS4だの買う必要ないものな。
とにかく、このpv3dやらメタセコイアクラスやらの使い方を調べようとググって出てくるサイトの殆どがFlashDevelopを使っているようで、
肝心のCS3での使い方がイマイチよく分からん。

pv3Dの使い方だけなら↓のサイトが詳しかったけど。
ClockMakerBlog フレームアクションで覚える Papervision3D チュートリアル Vol.01
フレームアクションで~、ってくらいだからFlashDevelopではなくCS3を使ってる自分にも役に立ちます。

Metasequoiaクラスの使い方は、一応DL元に書いてあるけどさ。
Metasequoia クラス

この「使い方」のコードをメインフレームにそのまま書いて、
(正確には一行目の前にメタセコイアクラスをインポートする1行を追加してるが)
それでパブリッシュすると「rootNodeて何だよ」とか「addChildの引数は1個だろJK…」とかエラー出されるわけだよ。
この問題の3行目『rootNode.addChild(obj, "player")』をまるっとコメントアウトすると、エラーなくパブリッシュされるんだけど、
出力されたswfファイルには、mqoの3Dデータも出力されませんよ。
まあaddChildを削ったってことは、読み込んでるだけで書き出していない、だから表示されない、ってことなんだろう。

俺自身AS3は勉強したてでよく理解してないので、これ以上自力でなんとかするのは諦めた方がよさそうだ。少なくとも現時点では。
まあ、頑張れば3Dデータをflashで読み込めるってことが分かっただけでも収穫だろう。

収穫ついでにもう一つ。
著:大西武『Flash 3Dゲーム制作』なんて本が出ていることを知った。
密林の評価では、「ゲームは重すぎて実用的でない」や「素人には厳しい」と書かれているので今の自分には手に余る代物だろうけど、
著者のサイトでは著者自身が作ったCS3用ライブラリが公開されているので、ひとまずこれを使わせてもらおうかと考えているよ。

著者:大西武氏のサイトは以下。
Flash研究所:http://flash-lab.net/

このライブラリで読み込めるのはmqoファイルではなくdaeファイル。
サイトの説明文を引用させてもらうと、
『3Dアニメツール「VixarMotion」から書き出したCollada形式daeファイルを読み込み3Dゲームなど3Dコンテンツが作れます』
とのこと。
じゃあこのVixarMotionって何?って調べてみたら、Windows用3Dアニメーションツールで、作者は大西武氏。
またあんたかwww
まあ大西武氏のライブラリを使わせてもらうときには、併せてVixarMotionも使わせてもらうことになるだろう。

ちなみにmqoファイルでなくdaeファイルならpv3Dで普通に読み込めるらしい。
そしてフリーソフトのBlenderを使えば、dae形式の出力が可能だとか。
しかし今ざっと調べてみたところ、blenderでmqoファイルを読み込むためには、mqoインポータっていうまた別のアイテムが必要らしいじゃない。
自分の環境でうまく動くかどうか不安ですたい。

しかし、今はそんな心配するより、まずはもうちょいAS3を勉強することから始めないとな。
さすがに今程度の知識じゃ話にならなさそうだ。
今はキーボードのキー同時押しをどうするか悩んでるレベル。
『詳細!ActionScript3.0入門ノート』のサンプルどおりにやると、キー操作は一種類ずつしか受け付けてくれないんだよね。
具体的にいうと、「自機」を斜め移動させたいのに矢印キーの↑と→を同時に押すと、後から入力した1方向にしか進めないっていう。
おかしいなMXのときはこんな難しくなかったのに…。

(追記:2009/07/23)
mqoファイルの読み込みには一応成功しますた。
http://orekoro.blog26.fc2.com/blog-entry-230.html
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

oisu-

Author:oisu-
趣味はゲームと深夜アニメ実況。
絵を描いたりFlashゲーを作ったりもするけど、一つのことにのめり込むと他のことがおざなりになるので結局あまり成果が出ない。その上根気が続かないのですぐ飽きる人。

pixivb

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー

XBOX360用ダンジョンRPG『円卓の生徒』を全力で支援中!
Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    広告
    円卓の生徒応援バナー


    ここからアフィ注意
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。