スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のビリビリ魔人さん3

途中経過。
biribiritst2
読み込みに若干時間かかるかも。

当たり判定については、まだ問題はあるにしてもなんとか解決した。
対象となるオブジェクトを、numChildrenとgetChildAtを駆使して無理矢理参照することにしました。
スマートなやり方じゃないと思うけど、これで何とか…。
しかし、これだと表示コンテナに追加されていないオブジェについては当たり判定を参照できないどころかパブリッシュ時にエラーが出る。
その辺の関係で弾は一発ずつにすることに。まあとりあえずこれでいいだろ…。
しかし書き方がAS3.0とAS1.0とで全然違うせいで、当たり判定の処理をするときもAS3.0の方が圧倒的に軽いっぽいな。

当たり判定を取るときに、今回はhitTestObjectではなく円を使ってます。
二つのオブジェ間の距離と、それぞれの辺り判定半径の和を比較するってアレね。
矩形の当たり判定では大雑把だし回転に対応できないし、ベクトルや行列を使い出すと俺の知識が付いていけないし、
円が一番楽だと思う。

当たり判定まわりの詳しいソースは、また後日置き場にうpしてみようと思う。
AS3.0に慣れてないけどゲーム作りたい、っていう人の助けに、もしかしたらなるかもしれない。
ならないかもしれない。
むしろ助けてください。

しかしアレだ。
CS3を使うにあたって、スクリプトは基本的に外部ファイルにクラス.asで書いてるけど、
なんか全部フレームアクションで書いちゃった方が都合がいい感じがする。
クラス内部からgotoAndPlayとか使って1フレーム目に戻るとバグるとかまじふざけてやがる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

oisu-

Author:oisu-
趣味はゲームと深夜アニメ実況。
絵を描いたりFlashゲーを作ったりもするけど、一つのことにのめり込むと他のことがおざなりになるので結局あまり成果が出ない。その上根気が続かないのですぐ飽きる人。

pixivb

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー

XBOX360用ダンジョンRPG『円卓の生徒』を全力で支援中!
Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    広告
    円卓の生徒応援バナー


    ここからアフィ注意
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。