スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Steins;Gate その20

紆余曲折あって、とうとうIBN5100がオカリンの手元に戻ってきた!
最初、何故オカリンがIBNをあっさり手に入れられたのか。
それはただのご都合主義でなく、鈴羽の執念の賜物だったと今ならわかる。
ありがとう鈴羽。

念願のIBNを手に入れただけあって、オカリンのテンションもいつになく高い。
13日、早速サー・スーパーハカー(ツンデレ)とクリスを叩き起し、セッティングを始める。
オペレーション・ベルダンディ開始だ!
…なんか懐かしいなこのノリ。このやり取り。
オカリンの心にも少し余裕が戻ったかな。

意気揚々として概要を語るオカリン。
だがそこで、もとの世界線に戻るということの、もう一つに意味に気づいてしまった。
そうだ、すっかり忘れてたよ。
あの世界線では、クリスは何者かに殺されてたんだった。

ここでチャプター10に入る。
サブタイが『――透明のスターダスト』。
何か見覚えあるよこのサブタイ。
そうだこれ、実績のとこに書いてあったやつだ。まゆりルートのエンディングのことじゃないか。
ということは、いよいよ最終章か…。というかもしかしてまゆしぃルート確定じゃねこれ?

最後の選択に苦悩するオカリン。
まゆりかクリス、どちらかを見殺しにしなければならない。
まゆりは何度も死んでいるし、クリスも、おそらくアトラクタフィールド理論に従えば死を回避できない。
…そのわりにフェイリスパパはほんとずいぶんあっさりと助かったものだね。
延々苦悩してるうちにタイムリミット、17日が来た。
まゆりが本当に死ぬのかを確かめるために、一日一緒に過ごしてみる。
コミマが終わってラボに帰り、ラボの前で周囲を警戒しているときに、ラウンダーの車らしきものが迫ってきて、
オカリンをかばって代わりにまゆりが轢かれて死んでしまう。
FBと萌郁は手を引いたとはいえ、やはりSERNはタイムマシンを諦めていなかったし、まゆりの死も回避はできない。

タイムリープして戻ったはいいものの、やはりどちらかを見殺しにはできないと延々悩み続ける。
その間、ラジ館屋上に現れたクリスに全部話たり、まゆりが別の世界線の記憶を夢として見ていたことが発覚したり、
もう一回ラジ館屋上でクリスが寝そべってたり。

そういやオカリン、「β世界線ではタイムマシンは現れなかった」って言ってるけど、現れたよね、しっかり屋上に。
めり込みこそしなかったものの、屋上に突然現れて、その後に中鉢の講演があった気が。
でもとにかく屋上に何か現れたはずなんだけど…。
あれは、なかったことになってるの?忘れてるの?

屋上で寝そべってたクリスと話そうとしたところ夕立があったので、屋内に退避。
助手、ソーイングセットとか持ってたの。準備がいいな。実験大好きっ子で家庭的とかまじ最高。
服の破れたところを直して貰ったり、ちょっとしたキャッキャしたイベントですわ。
しかしその裏で、やはりクリスとまゆり、どちらかの死を選択しなければならないわけで。
クリスに叱咤され、とうとうオカリンは決断をする。
クリスを見捨て、まゆりを助ける、と。

やばいもう涙腺がやばい。
今更だけど、今までのストーリーを見る限りでは、このゲームは感動とかそういう類の話ではないね、とにかく切ないね。悲しいね。
オカリンの執念にはちょっと感動するけど。
何にしても、やっぱりまゆりルート確定かこれ。
しかし、クリスルートにはどこで分岐するんだろう。
屋上にクリスが現れたとき、まゆりから電話かかってきたけど、あれを無視しろってことかな?
でも、とにかく今回はまゆりルートで行こう。ごめんねクリスティーナ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

oisu-

Author:oisu-
趣味はゲームと深夜アニメ実況。
絵を描いたりFlashゲーを作ったりもするけど、一つのことにのめり込むと他のことがおざなりになるので結局あまり成果が出ない。その上根気が続かないのですぐ飽きる人。

pixivb

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー

XBOX360用ダンジョンRPG『円卓の生徒』を全力で支援中!
Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    広告
    円卓の生徒応援バナー


    ここからアフィ注意
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。