スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Win版シュタゲのPVとか

PC版のシュタインズゲートのPVが公開されたようです。
http://www.youtube.com/user/NitroplusChannel

これは新OPではなくあくまでPVなんだろうか。
いとうかなこさんの新曲「A.R.」もOPではなくイメージソングという扱いだったし。

しかしこのPVはネタバレ満載だけどかっこいい。歌もかっこいい。
OPとしてはスカイクラッドの方がふさわしいと思うけど、A.R.はこれはこれで別の良さがあるね。
OPの方は「これから何が起こるんだろう」てワクワク感を押してた感じがするけど、PVの方はよりシリアスな感じだろうか。
本編の中盤以降のハイライトというかなんというか。つかまゆしぃ死亡CG出てるしゲルまゆいるし。
タイムマシンであることを隠そうとしないあたりもOPムービーとは別の意味合いを持ってるんだろうな。

PC版を買う予定はないんだけど、これはいいものを見られたな。でもやっぱりネタバレ満載なのは良くないと思うwww

暗黒次元のハイド

Steins;GateドラマCD第三弾「暗黒次元のハイド」を聞いたので感想でも。
ネタバレ注意。


全体的に雑、という難点があります。
特に「どういう経緯でこの世界線に迷い込み、どういうDメールを送って脱出したのか」が分からないままというのがモヤモヤしますね。
まあ2000年クラッシュの裏にはSERNが関与しているようなので、そのあたりがヒントとなるんでしょうか。

が、この作品の雰囲気は3部作の中で一番好きかもしれません。
設定が設定だけにハードな内容で緊張感があります。

これまでのドラマCD2つと違って、今回は完全なパラレルワールドです。

時系列的には、ルカ子のDメールをキャンセルした後の話らしいです。
9章までは進んでいないので、萌郁のFBに対する依存のことやFBの正体については知らない、ということです。
FBの正体はクレジットや電話での声で思いっきりネタバレされてますが、ドラマCDを聞くような人はゲームもクリア済だろうから問題ないでしょう。

萌郁の語りで始まるけど、後藤(弱)さんの、しかも萌郁のキャラでの語りなので、聞いてるとなんだか気分が不安定な気持ちになりますが、すぐ慣れるでしょう。

少しずつ明かされる、この世界線でのオカリンの立ち位置。
見知ったキャラ達だけど、少しずつ何かが違う。
呼び方が違ったり、態度が違ったり、嗜好が違ったり。
これまでの世界線と「明らかに違う」という不安感を煽ります。

特にまゆりが大変なことになってるようです。
2000年問題の影響で親と死別し、オカリンとも離れ離れになり。
オカリンと再開したときには何かの病気で入院中。
副作用で髪の毛が…と聞くと癌を思い出します。白血病とかもそうだったか。具体的には分かりません。
この世界線でのまゆりはクリスマスまでの命。こんな世界線とはオサラバしなければなりません。
そのためには当然Dメールを使う必要があるわけだが、ラボメンはみんな敵。

だいたいこんなあらすじですね。

基本的にはオカリンの視点なんだけど、萌郁の独白も多いので萌郁の物語でもあります。
9章とはまた別の萌郁ルート、といったところでしょうか。
この二人の絡みは本編では限定的なものだったので、こういう風に絡むととても新鮮ですね。
オカリンに命を救われた萌郁は、今度はFBとオカリンに依存しているようです。
今のオカリンが今までのオカリンとは別人だと知っても、オカリンのために世界線を変える手伝いをすることを決意します。
この決意は、オカリンが本編でさんざん悩んできたことと同じ性質のものでしょうね。
ゲーム本編でのオカリンの葛藤を思うと、萌郁も相当悩んだだろうことは想像に難くありません。
このドラマCDのテーマの一つがその辺にあるのかも。

そのエンディングは、本編にはなかった萌郁ENDと言っても差し支えないでしょう。
これも一つのグッドエンドかもしれません。この直後にまゆりが死んだりするのかもしれないけど。

今回は聞き所が多すぎて一つ一つ書いていくとキリがなさそうなのでこんなもんで。

ドラマの中で萌郁が「本質は変わらない」的なことを言ってたけど、
もしかしたらこの世界線でのオカリンがラウンダーになった、あるいはラウンダーを続けているのは、
まゆりの治療費を払うためだったのかもしれませんね。

そういえば、ふと「もし世界線が変わる前にオカリンが死んで、直後に世界線が変わってオカリンが復活したら、オカリン主観でその記憶はどうなるの?」なんて疑問が沸いたりもしました。
世界線が変われば当然オカリンは生きてるわけで、でもオカリンだけはリーディング・シュタイナーを持ってるわけで。
臨死体験とか…いや、普通に死んでた間の記憶がないとかそんなオチだろうか。脳組織の壊死の状態にもよるのか?
世界線改変後に突然廃人になるかもしれません。怖いですね~恐ろしいですね~。

最後に、発端がルカ子のメールなためか、ルカ子の出番がそれなりにあります。
画伯の演技もなかなか良い、下手したらゲーム本編よりも良いので、ルカ子ファンにもオススメです。

無限遠点のアークライト

ドラマCD「無限遠点のアークライト」、ようやく聴いたので感想でも。
聴き終わった直後に暗黒次元のハイドを予約しますた。

これ、ところどころ「あれ?」って思うことがある。
冷静に考えるといろいろ矛盾してるかもしれない。
「微妙に世界線が変わるからタイムマシンは2台にならないって言ってたじゃん」とか、
「タイムマシンは場所移動ができないから2台重なってあぶなくね」とか、
「まゆりの携帯はいいのかよ」とか、
「オカリンが腐ったままだと因果が成立しないんじゃ」とか、細々と。
たぶんそれなりに解答はあるだろうから深くは考えない。
ほか、最初のダルがピザ声すぎて安定しないとか、花澤がまゆりというより花澤すぎるとか。
ドラマCDとして文句をつけるならそっちの方が重要かもしれない。まあ慣れるけど。慣れるというか途中で直ってるのかなこれ。

今回の概要。
11章にてオカリンが7月28日に跳んでクリスを助けるのに失敗するイベントの、それに対するまゆり主観での話。
しかし、失敗をバネに執念でタイムマシンを完成させるはずのオカリンが、ここでは腐ったまま。
トゥルールートへ繋げるための、まゆりの知られざる戦い。的な。

もう一度タイムトラベルをしようとする鈴羽だけど、まゆりの「無理強いはよくないよ」という言葉に一旦身を引く。
しかしタイムマシンの燃料的に、「あと1年も経たないうちにあの日に戻れなくなる」という、その1年間のお話。

オカリンは大学二年生、まゆりは高三になりました。

リア充オカリンはクリスを忘れて普通に生きようとする。
まゆりはオカリンを今の状態にしてしまったのは自分のせいだとして、未来まで延々後悔し続ける。
鈴羽は、時間が来れば一人でもタイムトラベルを敢行しようとする。
ダルはキモいけど相変わらずのイケメン。新ジャンル:キモイケメン。

やがて「その日」が来て、鈴羽VSオカリン。
そしてまゆりの彼女なりの戦い。
その結末には「運命のファルファッラ」が実によく似合う。
未来へ希望を託す、そんな終わり方。

これね。すげえいい話だった。久々にうるっと来たわ。
ゲームの設定的にifの世界とか別視点の話は作りやすいと思うが、これはその特質をよく生かしてるんじゃないかと何となく思う。
ずっと「お姫様」だったまゆりが、心を鬼にしてオカリンを引っ叩くシーン、あれこそまさに「シュタインズゲートの選択」となったわけだ。
原作のさり気ないシーンに意味を与え、そこに繋げる。外伝の鑑だな。

いい話だった上に聴き所も多い。スイーツ全開だったドラマCDαと比べて断然面白いと思う。オススメです。
でもやっぱりルカ子はおまけ程度の扱いなんだな…まあ仕方ないか…。

個人的には「クリスを救うのに成功して戻ってきてシュタインズゲートに入る」イベントをまゆり視点で見たらどうなるのかが知りたかったんだけど、残念ながらその部分は分からなかった。
これはもう想像するしかないか。
でも突然オカリンが血まみれで出てきたらびっくりするだろ。
救急車呼んだところで事情聞かれるだろうし、もしかしたら警察にも事情聴取されるかもしれない。
どう説明したんだろうNE!

ところでお気づきだろうか。トゥルールートのタイムマシンはC204、ドラマCDのタイムマシンはC203、数字が一つ若いということに。
まあだから何だって話ですが。この世界線ではダルがタイムマシンを完成させるそうだが、オカリン一個分だけ型番の数字が小さいのかなー、なんて。
…でもオカリン抜きでもタイムマシンは完成したわけだから、やっぱりダル一人で作る方が楽なんじゃ…いや、うん…。

Steins;Gate ドラマCDとか

すっかり書くタイミングを逃したけど、ドラマCDとか公式資料集とかについて書きます。
どちらもゲームをクリアした人前提なのでネタバレ満載です。

資料集にはQ&Aが載っていて、自分が抱えていただいたいの疑問はこれでFAってことになりそうです。
ちなみに、ダルの血液型はB、鈴羽の血液型はOという風に直されています。
これで親子でも矛盾はない、と。
ちなみにα世界線においてダルと鈴羽の母・阿万音由季は「SERNを脱出してコミケに行く」作戦の途中で出会ったそうです。
何やってんだがwwwでもオカリンとダルならやり兼ねないから困るwww
このミッションの模様は漫画版とかで出てくるのかな。
由季は鈴羽主人公の方の漫画版に出てくるらしいけど。ちょっと気になるがこの手のコミカライズって中途半端にしかならない印象がある。

資料集を読んだのは大分前なので今更詳しく感想書く気も起きないからこんなもんで。興味があれば買ってみるのもいいかも?

ドラマCD『哀心迷図のバベル』は、ついこの間聴いたよ。
ドラマCDは、最初の一回は正座して聴こうと思ってたが、そうするとなかなか聴く機会が巡ってこない。
仕方ないので、寝る前に布団に潜りながら聴いてみた。

で、感想は、それなりにいい話だった。が、本編に比べれば実に凡庸なものかな。
10章『因果律のメルト』の裏で、クリスが何をしてたかに焦点が当てられてます。
本編をクリアしたこと前提で話が進むので、これだけ聞いてもチンプンカンプンでしょうね。
クリスとフェイリスがまともに絡むのはここだけ、かな。
驚いたのが、フェイリスパパと鈴羽と中鉢にそんな繋がりがあったのか、ってこと。
中鉢とオカリン、ちょっと似てる。ああ、これならクリスが突然デレ出したのも納得だ。
このドラマCDを聴き終えると中鉢がちょっといい奴に思える不思議。

…が、これあくまで10章時点での話なわけで、その後にβ世界線が控えてることを知ってる身としては、なんかこう…複雑な気持ち。
だってトゥルールートをクリアしたら確実に「中鉢ざまあwww」って思うもの。
いくら当時の中鉢が後悔してたと言っても、あの怒り狂った姿を見た後だとなあ…素直に感情移入できませんがな。

ドラマCDのラストは「ぼくはここにいていいんだ!」的なノリでオカリンに会いに行って10章の世界線が変わる直前のあのCGと繋がるわけだが、なんか想像してたクリスの心境と違う…。
微妙だと感じた理由はその辺が大きいのかも。スイーツ全開なまま終わるし。

ドラマCDは、新たに得たものもあり、知らなきゃよかったってものもあり、50点ってところかね。
このCDの出来如何で次も買い続けるかどうか考えようとしてたが、ちょっと悩む。
まあ次は11章のまゆり視点らしいから、今回と違ってEDに繋がるものとして聞くことができるだろう。
その次はオカリンがラウンダーになるようで。これは普通に気になる。

というかオカリン視点というのはやっぱり大きいかもしれない。
あ、今回微妙と感じた原因はそこにもあるのかもしんね。
いくらクリスが魅力的なヒロインとはいえ、オカリンのキャラには叶わないからな。

一応残り2つのドラマCDも買う方向で考えよう。まだ予約してないけど。

Steins;Gate その45

各章でやることまとめ。
実績wikiから引用してきたものを章別に並べ替えただけです。
「天才少女のメランコリィ」を満たすか否かが、ストーリーだけでなく実績的にもポイントかもしれない。

・各エンディング
鈴羽、フェイリス、るかは6,7,8章末でDメールを送信しなければ、それぞれ分岐。
まゆりは「天才少女のメランコリィ」を満たさず、10章に突入。
紅莉栖は「天才少女のメランコリィ」を満たし、「境界面上のシュタインズゲート」に入らないように、10章を終える。

1章
・雷ネットのマスコット
 タイムマシン講義の前のまゆりからのメール「うーぱ…」に「うーぱ」で返信。
・雷ネットのヒーロー
 まゆりからのメール「うーぱ…」に「うーぱ」、「資金にしちゃだめー><」に「翔くん」で返信。
・混沌の姫たち
 FES:フェイリスからのメール「決戦は目前ニャ」に「赤き南十字星」で返信。

2章
・天才少女のメランコリィ
 ラジ館前・ラボ内での紅莉栖との会話中に着信したメールをその場で読まない(後で読むのは問題なし)。
 柳林神社へ向かう途中の電話着信に応える。
・流行終焉のカエルん
 天才少女のメランコリィ参照。
・クリス&トゥルールート
 天才少女のメランコリィ参照。
・暴虐のシスター
 るかからのメール「お菓子を作りました」に「家族」、「家族についてです」に「お姉ちゃん」で返信。
・混沌の詩
 密教の首飾り:フェイリスからのメール「原罪レベル180%に上昇」に「2000年」で返信。
・CGの達成率100%
 5ページ目左上は、2章の電気街でのまゆりの電話着信に応える。店主に睨まれる場面。

3章
・混沌の詩
 find the blue、fake me:フェイリスからのメール「PHANTASM最高ニャ~♪」に「PHANTASM」、「ボーカルは美少女」に「カオス」で返信。
・流行終焉のカエルん
 るかからのメール「カエルについてです」に「ゲロカエルん」で返信。
・雷ネットのヒーロー
 11~13話:フェイリスからのメール「PHANTASM最高ニャ~♪」に「主題歌」、「雷ネット2期OP」に「雷ネット翔」で返信。

4章
・天才少女のメランコリィ
 紅莉栖からのメール「書いた?」に「サイエンティスト」、
 「サイエンティスト??」に「バッドサイエンティスト」、
 「バッドサイエンティスト」に「オヤジギャグ」、
 「Home Alone」に「部外者」、
 「えええ?」に「屈辱」、
 「じつと手を見る」に「なんでここにいるんだろう」で返信。
・不連続性のクオリア
 紅莉栖からのメール「書いた?」に「レポート」、「お願いしていい?」に「カップ麺」で返信。
・流行終焉のカエルん
 天才少女のメランコリィ参照。
・黒歴史のパッション
 天才少女のメランコリィを満たさない。
・女戦士のプライド
 鈴羽からのメール「秋葉原って」に「平和」で返信。
・猫のティータイム
 フェイリスからのメール「大いなる災いの予兆」に「ヤツ」、「能力のこと」に「ニャンニャン語」で返信。
・混沌の姫たち
 星来×2:天才少女のメランコリィを満たさない。
・雷ネットのヒーロー
 2~4話:るかからのメール「雷ネットの件です」に添付。
 5~7話:まゆりからのメール「宝くじといえば」に「雑誌」、「おでかけですかー?レレレー」に「ガルガリ君」、「るかちゃんのこと」に「雷ネット」で返信。
 8~10話:フェイリスからのメール「大いなる災いの予兆」に「ヤツ」、「能力のこと」に「チンチラ星」、「Re:Re:第8話」に「8話」で返信。

5章
・混沌の詩
 罪過に契約の血を:フェイリスからのメール「コミマは」に「崩壊」で返信。
・黒歴史のパッション(天才少女のメランコリィを満たさない)
 まゆりからのメール「今日のうれしかったこと」に「コスプレ」で返信。
・混沌の姫たち(天才少女のメランコリィを満たさない)
 星来×2:まゆりからのメール「今日のうれしかったこと」に「フブキちゃんとカエデちゃん」で返信。
・流行終焉のカエルん(天才少女のメランコリィを満たす)
 紅莉栖からのメール「予定」に「交通費」で返信。
・境界面上のシュタインズゲート(天才少女のメランコリィを満たす)
 紅莉栖からのメール「予定」に「交通費」で返信。

6章
・CGの達成率100%
 2ページ目左下は、6章のまゆりを探す場面で、2回目にまゆりではなくルカ子に電話する。

7章
・流行終焉のカエルん(天才少女のメランコリィを満たす)
 2種類あります。
 紅莉栖からのメール「鍵が(ノД`)」に「鍵がない」、「(゚Д゚)」に「カエル」で返信。
 紅莉栖からのメール「鍵が(ノД`)」に「家」、「家」に「ヒャッハー」、「ゴゴゴゴゴ」に「ありのまま、今起こったことを話すぜ」で返信。
・境界面上のシュタインズゲート(天才少女のメランコリィを満たす)
 「鍵が(ノД`)」に「鍵がない」、「(゚Д゚)」に「セキュリティ」、「妄想ですね分かります」に「現実」で返信。

8章
・境界面上のシュタインズゲート(天才少女のメランコリィを満たす)
 「証明して説明!」に「どういうことなの」で返信。

9章
・境界面上のシュタインズゲート(天才少女のメランコリィを満たす)
 「連絡しろバカ!」に「不安」で返信。

10章
・境界面上のシュタインズゲート(天才少女のメランコリィを満たす)
 「今どこ?」に「居場所」で返信。
 この返信でトゥルーエンドが確定するので、このメールが着信した時点でセーブを残しておくと良い。


プレイ日記というかシュタゲについてはひとまずこれでおしまい。
とはいえ、公式資料集もドラマCDも予約したから、届いたらまた何か感想書くと思うけど。
さてまとめページを作り始めるか。意外と手間かかるんだあれ。
プロフィール

oisu-

Author:oisu-
趣味はゲームと深夜アニメ実況。
絵を描いたりFlashゲーを作ったりもするけど、一つのことにのめり込むと他のことがおざなりになるので結局あまり成果が出ない。その上根気が続かないのですぐ飽きる人。

pixivb

FC2カウンター
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
円卓の生徒
円卓の生徒応援バナー

XBOX360用ダンジョンRPG『円卓の生徒』を全力で支援中!
Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    広告
    円卓の生徒応援バナー


    ここからアフィ注意
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。